マイクロプラスティックは「北極圏の雪」にまで蓄積していた。でも、どこから飛んできたのか?
WIRED
2019.08.26 18:00
直径5mm未満のマイクロプラスティックが北極の雪にも堆積していたことが、研究者たちの現地調査から明らかになった。これらの微粒子は、いったいどこから、どうやって地球の北の果てまで飛んできたのか? その問いへの答えを探すには、実はマイクロプラスティックについて未知のことがあまりにも多いのだという。…

あわせて読みたい

海はマイクロプラスティックを大気中に放出し、爽やかな潮風まで“汚染”していた:研究結果
WIRED
マイクロプラスティックは深い海底にも堆積し、生態系を“汚染”している:研究結果
WIRED
マイクロプラスティックは「人新世の遺物」として未来に残り続ける:研究結果
WIRED
海に捨てられたプラスティックが、酸素を生み出すバクテリアを“殺す”かもしれない:研究結果
WIRED
マイクロプラスティックは風に乗り、雪深い山脈まで覆い尽くしている:調査結果
WIRED
マイクロプラスティックは飲料水にも入っているが、心配しすぎなくていい(いまのところは):WHOが報告書
WIRED
洗濯されたジーンズの微細な繊維は、海に流れ込んで堆積している:研究結果
WIRED
海を漂う「マイクロプラスティック」が、大型の海洋生物に危険をもたらす
WIRED
14カ国の水道水を調査、そのすべてから「マイクロプラスティック」を検出──健康へ悪影響を及ぼす可能性は?
WIRED
北極圏の氷や凍土が溶けて「緑化」が進めば、この地の温暖化はさらに加速する
WIRED
あなたの排泄物にもマイクロプラスティック? 日本を含む8カ国で被験者の便から検出
WIRED
このままでは2040年までに、地球に10億トン以上ものプラスティックが溢れ出す
WIRED
魚の幼生はマイクロプラスティックを餌と間違える。それを人間が食物連鎖を通じて摂取する:研究結果
WIRED
「生きた脳細胞」の活動を3Dモデル化、データベースを無料公開──米研究所が挑む「壮大な計画」の始まり
WIRED