新生・渋谷PARCOにNADiffの新店舗「Meets by NADiff」、この秋2019年11月22日オープン!
PR TIMES
2019.08.20 19:32
株式会社ニューアートディフュージョン
アート専門書店や、ミュージアムショップ運営を行うNADiffの、ファッションビルへのNADiff初出店となる新店舗

多様なカルチャーが交差する渋谷という街を背景に、エネルギー溢れるクリエーションを扱うセレクトショップとして、NADiffの新店舗「Meets by NADiff」が新生・渋谷PARCOの4階に、この秋11月22日[金]にオープンします。
多様なカルチャーが交差する渋谷という街を背景に、エネルギー溢れるクリエーションを扱うセレクトショップとして、NADiffの新店舗「Meets by NADiff」が新生・渋谷PARCOの4階に、この秋11月22日[金]にオープンします。
ファッションビルへのNADiff初出店となる新店舗は、アート専門書店や、ミュージアムショップ運営を行うNADiffのアート情報タンクを武器に、アートのセンシビリティを活かした独創性の高いプロダクトを主軸に展開。
「デザイナー、クリエーターなどの送り手と共感・共創し、新しい刺激や楽しさの体験価値を提案」するという新生・渋谷PARCOのビルコンセプトに共鳴し、次世代カルチャーの担い手となる若手アーティストにも注目し、新たな才能との出会いを生み出す「Meets by NADiff」ならではの、チャレンジングで発信性あるショップを目指してスタートします。

●WALL GALLERY
津村耕佑 展覧会 “Scales and nerves”「鱗と神経」
店内のWALL GALLERYにおいて、特色あるクリエーションを行うアーティストを紹介する展覧会を定期開催いたします。その第1弾企画として、ファッションデザイナー/アーティストの津村耕佑による新作アートワークの発表を行います。都市の様相を「鱗と神経」というイメージに重ね、都市空間を解体/再構築した空間構成をご覧頂きます。会場限定販売となるオリジナルグッズもリリース予定です。

津村耕佑 PRFOILE:
ファッションデザイナー、アートディレクター。1983年三宅一生氏のもと、クリエイションスタッフとしてパリコレクションに関わる。1994年、「服は究極の家である」という考えを具体化した都市型サバイバルウェアFINAL HOMEを考案し、ファッションブランドKOSUKE TSUMURAならびにFINAL HOMEを、株式会社エイ・ネット(A-net)からスタートさせ、2015年に独立。武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科教授、東京藝術大学非常勤講師、文化服装学院ファッション工芸専門課程非常勤講師、日本文化デザインフォーラム会員


●オリジナルプロダクト
生活の中に気軽に取り入れることのできる「アートピース」としてのプロダクトの第1弾を、3人のアーティストと、1組のファッションデザイナーとのコラボレーションによってスタートします。
「Meets by NADiff」のオリジナルアイテムとして、今後も継続的に様々なアーティストとのコラボレーションワークを行う予定です。

コラボレーションアーティスト:【大竹彩子(絵画・写真)】
(C)Saiko OTAKE
1988年生まれ。2016年ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン卒業(グラフィック・デザイン専攻)。ドローイング、ペインティング、写真、コラージュなど、様々な表現技法を用いた作品を手掛ける。

コラボレーションアーティスト:【ウィスット・ポンニミット(漫画)】
(C)Wisut PONNIMIT
1976年、タイ・バンコク生まれ。愛称タム。1998年バンコクでマンガ家としてデビュー。バンコクを拠点に、マンガ、アニメーション、音楽など多方面で活躍中。


コラボレーションアーティスト:【五月女哲平(絵画)】
(C)Teppei SOUTOME
1980年栃木県生まれ。2005年東京造形大学卒業。絵画を中心に、近年は立体や写真、映像などを織り交ぜた作品も発表している。


コラボレーションデザイナー:【PUGMENT(ファッションレーベル)】
(C)PUGMENT
東京を拠点に活動するファッションレーベル。2014年に設立。衣服の価値や意味が、人間の営みにおいて変容していくプロセスを観察し、衣服の制作工程に組み込んでいる。


●第1弾FAIR企画
コンテンポラリー・アーティストによる稀少性の高いアートピース、プロダクトをはじめ、インディペンデントデザイナーが手掛ける1点もののアパレルアイテム、デザイン性の高いヴィンテージポスターなど、ユニークなクリエーションの背景にある制作プロセスや、コンセプトにも注目した商品を展開します。

第1弾FAIR:【TACOMA FUJI RECORDS】
(C)TACOMA FUJI RECORDS
「架空の音楽レーベル」という設定で国内外のアーティストやグラフィックデザイナーなどのTシャツやミュージシャンのグッズなどを作るプロダクトレーベルです。五木田智央など、アートファンにも人気の高いアーティストとのコラボワークから、パンチの効いたアートワークを常に発信しています。今季のアイテムや、アーカイブからのラインナップをご紹介します。

第1弾FAIR:【YUKI FUJISAWA】
(C)Yuki FUJISAWA
デザイナーの藤澤ゆきは、手作業の染色による一点物のファッションプロダクトを始め、アクセサリー、ファブリック、広告、衣装に至るまで幅広く活動するデザイナーです。ヴィンテージ素材に染や箔を施すことでファッションとしての新しい価値を生み出す「NEW VINTAGE」のシリーズなど、テキスタイルへの独創的なアプローチで注目を集めています。YUKI FUJISAWAの新作のファッションアイテムの販売、そして別注商品の展開もあわせてお楽しみいただきます。

第1弾FAIR:【長谷川有里】
(C)Yuri HASEGAWA
長谷川有里は、TVや映画、漫画、時にはスポーツなどのシーンから「見覚えのある何か」を、脱力感溢れる造形力で唯一無二のぬいぐるみ作品を手掛ける人気アーティストです。ぬいぐるみが放つ、愛らしくユーモラスな魅力はハンドメイドならでは。今回の作品テーマ、販売数は後日発表します。


●基本情報
・渋谷PARCO4階
・定休日 不定休
・営業時間 10:00-21:00

>>渋谷PARCO 公式ページ
●会社情報
株式会社ニューアートディフュージョンとは
1996 年に『新しいアートの発信・拡散』をコンセプトにスタート。屋号「NADiff」を掲げ、本店「NADiff a/p/a/r/t/」( 東京・恵比寿) の他、都内大型美術館を含む5 店舗のミュージアムショップ/アートショップとして活動を行っています。

あわせて読みたい

津村耕佑の個展がスパイラルガーデンで開催。細胞分裂からイメージした「PUZZLE WARE」の作品群を展示
FASHION HEADLINE
津村耕佑の頭の中、個展「RECOMBINATION」が青山スパイラルガーデンでスタート
FASHION HEADLINE
「Pugment」の新スペースこけら落とし展@NADiff
Numero TOKYO
最新鋭のアート・音楽が外苑前に!「東京デザイナーズウィーク2013」開催 - ソマルタ、リトゥンも参加
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
渋谷パルコがオープン、ファッション&フードなど約192店 - 劇場やミニシアターも
FASHION PRESS[ファッションニュース]
アートショップ「NADiff」が銀座ソニービルにブック&スーベニアショップをオープン
OZmall
ファイナルホーム 津村耕佑とアートを作るワークショップ「愛―LOVEをつなげよう」
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
京都市京セラ美術館ミュージアムショップ「ART LAB KYOTO」がこの春オープン
PR TIMES
蜷川実花が新作写真集『東京 TOKYO』を刊行。PCARCO MUSEUMで個展も開催
美術手帖
新生「渋谷PARCO」 2019年11月22日(金)グランドオープン!
PR TIMES
新生・渋谷PARCOで、再構築された『AKIRA』の世界観に触れる
Harumari TOKYO
クリエイティブディレクター小池一子さんに聞きました!《「表現」になったファッションと広告》とは?
GINZA
ART│金沢21世紀美術館で『フィロソフィカル・ファッション1: FINAL HOME』展
OPENERS
10年振りのChim↑Pom 「NADiff a/p/a/r/t 10周年記念展」
i-D