口あたりとか、手触りとかを楽しむのが食器なんですからね――石川あき(「niagn」店主)
クロワッサンオンライン
2019.08.19 07:45
1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、うつわを楽しむ極意を取りあげます。 文・澁川祐子 1978年8月10日号「仕事に魅せられた3人の女性たち」より 口あたりとか、手触りとかを楽しむのが食器なんですからね――石川あき(「niagn」店主) 異なる分野で活躍する女性たち三人がこれまでの仕事人生を語る記事…

あわせて読みたい

割ることを恐れて使うより、安くても口当たりのいいものを買って、毎日よく使うこと――入部隆司(レストラン「シェ・フィガロ」主人)
クロワッサンオンライン
見立てということは、使う側の創作なんですよ――辻協(陶芸家)
クロワッサンオンライン
お菓子でも料理でも本をみているだけじゃ、いつまでたってもダメ――水野真紀(「トライアングル」店主)
クロワッサンオンライン
国によって、時代によって、味の好みも作り方も変ってくる――茂出木心護(洋食や「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
じっと皿を眺めて、これにはこんな料理を盛ってやろうなんて考えるんだよ――茂出木心護(「たいめいけん」主人)
クロワッサンオンライン
自然と人と人、その無理なく触れ合う心のハーモニイが器を生かすもと――辻協(陶芸家)
クロワッサンオンライン
まず初めにいい物を見ることなんですね――辻清明(陶芸家)
クロワッサンオンライン
マジックなんです、料理ってのは――豊嶋森太郎(竹亭店主)
クロワッサンオンライン
年に1、2回しか使わないものに占領されている場所もデッドスペースです――編集部
クロワッサンオンライン
物を見ることを1日でも休んだらおわりです――磯崎勇(まいづる屋店長)
クロワッサンオンライン
額なんて心のぜいたくをする部分なんだからね――中村公一(「ラパン・アジル」店主)
クロワッサンオンライン
安い肉でもワインをふんだんに使って、おいしく煮込むのがフランスのマダムのスペシャリテ――ピエール・フリジャン(シェ・ピエール店主)
クロワッサンオンライン
時々、死んだ人々が昨日まで生きていたように懐かしくなる――F・トリュフォー(映画監督)
クロワッサンオンライン
目的のない時間をたっぷり持っている人は、当然早く老けますね――樋口恵子(婦人問題評論家)
クロワッサンオンライン