「日本にも政治風刺はある、強かったのは太平洋戦争のとき」早坂隆×パックン
Newsweek
2019.08.09 19:45
<なぜ日本にジョークはないのか。いや、本当はあるんじゃないか。ジョーク本の著書がある早坂隆さんに、本誌で「お笑いと国際情勢」に挑んだパックンが聞いた>

8月6日発売の「パックンのお笑い国際情勢入門」(8/13&20日号)で、政治ネタに挑んだパックン(パトリック・ハーラン)。取材の一環として、日本と外国のお笑い文化の違いを研究するため、『世界の日本人ジョーク集』(中公新書ラクレ)や『世界はジョーク…

あわせて読みたい

「日本のお笑いって変なの?」をパックンが外国人3人と激論しました
Newsweek
ウーマン村本×パックン「カウンターパンチは全部ありだと思う」
Newsweek
パックン、「忖度の国」日本のお笑いを本音で語る - パックン(パトリック・ハーラン) パックンのちょっとマジメな話
Newsweek
日本人は「政治に興味ない」「専門的に生きている」──外国人のお笑い座談会より
Newsweek
「下ネタは世界共通。男たちは同じオチで、同じ顔で笑う」早坂隆×パックン
Newsweek
ウーマン村本×パックン「原発や基地をやるきっかけは堀潤さん」
Newsweek
日本人は世界でどんな笑いの「ネタ」なのか
東洋経済オンライン
日韓、香港、米中......あなたも世界の動きと無縁ではない。トランプの嘘とも
Newsweek
芸人的にもアリエナイ、トランプ・ジョークの末路 - パックン(パトリック・ハーラン) パックンのちょっとマジメな話
Newsweek
社会問題を笑いに変える! アメリカの“立ち漫談”で、新感覚エンタメ体験
Harumari TOKYO
セックス・ピストルズがシンボル!自虐ネタは紳士の心得
MEN'S Precious
皮肉たっぷりNetfixのスタンドアップコメディ10選、海外のお笑いが面白い!
FRONTROW
ジャパ発音やボキャ貧もテクで克服できる!
東洋経済オンライン
日本も参加要請されている「有志連合」から、ドイツがいち抜けた
Newsweek