大自然に囲まれた白馬を舞台に、子どもの五感を刺激する親子向けプログラム『旅いくアソベンチャー 冒険キッズマイスターチャレンジ』8月よりスタート
PR TIMES
2019.08.09 14:00
白馬観光開発株式会社
~自然園に住む生き物とのふれあいから人気アドベンチャー施設体験まで白馬を満喫~

 株式会社 JTB(本社:東京都品川区、代表取締役 社長執行役員:高橋 広行、以下「JTB」)と白馬観光開発株式会社(本社:長野県北安曇郡白馬村、代表取締役社長:和田 寛、以下「白馬観光開発」)は、共同で白馬を舞台に自然や動物との出会い、ものづくり、スポーツ、食を通じて子どもたちが思いっきり遊び、たくさん冒険できるアドベンチャー『旅いくアソベンチャー 冒険キッズマイスターチャレンジ』を2019年8月16日より、栂池高原、岩岳、八方尾根の3エリアにて開始いたします。
写真左:白馬岩岳「ブナの森パーク」、写真右:栂池高原「栂池自然園」
 『旅いくアソベンチャー 冒険キッズマイスターチャレンジ』はJTBが企画する学習型体験商品『旅いくプログラム』の一環です。地域を新たな学びの場と捉え、ホンモノ体験の宝庫の「旅」を通じて、子ども達の好奇心を育み、健やかな成長を手助けする豊かな経験機会を提供しています。

 そしてこの度、白馬村内で開始する『旅いくアソベンチャー 冒険キッズマイスターチャレンジ』では、チケットをご購入いただくと3つの地区のゴンドラが3日間乗り放題となり、地上10mでのアスレチックに挑戦できる、白馬つがいけWOW!内「アミダス」や、絶景テラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR(白馬マウンテンハーバー)」から眺める夕陽「マジックアワー」体験、ブナ林、栂池自然園を子ども目線で楽しむハイキングなど白馬ならではの20種類の遊びを親子で満喫していただけます。白馬の大自然に触れることで子どもの五感を刺激し、好奇心を育て、子どもたちの新しい表情を引き出すプログラムになっています。ぜひかけがえのない思い出作りに親子でいらしてください。

『旅いくアソベンチャー 冒険キッズマイスターチャレンジ』アドベンチャースポットについて

【ZONE1 栂池高原】
■無料体験
栂池高原 「白馬つがいけWOW!アミダス」
・地上10mでアスレチックに挑戦しよう
(白馬つがいけWOW!アミダス)
・トレジャーハンティングでお宝ゲット
・雲をさわってみよう
・生き物を探そう
・MIKKETA!ガイドプログラム「MIKKETA!」に参加してみよう
・ボルダリングに挑戦しよう
・北アルプスの湧水「銀命水」にて不老長寿をゲットしよう
・虫を食べる不思議な植物、モウセンゴケを探そう
・夏でも雪が見られる 白馬大雪渓を間近に見よう 
・変な形の木を探してみよう なぜあんな形になったのかな?
・天然クーラーで体を冷やそう

■有料割引体験
・しぜんカメラマンになろう!((株) ベネッセコーポレーション(こどもちゃれんじ)監修プログラム)

【ZONE2 岩岳】
■無料体験
白馬岩岳「ハイジのブランコ」
・森のクラフト体験
・やっほーデッキから、大声でさけぼう
・特別な夕陽「マジックアワー」を目撃しよう
・ハイジのブランコに乗ってみよう
・木が馬の背中のような形の「うまブナ」を見つけよう
・ハンモックに寝転がって森のにおいをかごう
・ねずこの森、ぶなの森で大きな葉っぱをさがそう

■有料割引体験
・ワンバーナー体験(ランチBOX)
・ストライダー/子供用MTBでパンプトラックを走破

【ZONE3 八方尾根】
八方尾根「天空の天体ショー」
■無料体験
・バター作り
・テラスから山の煙を見つけてみよう

■有料割引体験
・天空の天体ショー
・食の体験スタジオ(ピザ作り・アイス作り・チーズ作り)


『旅いくアソベンチャー 冒険キッズマイスターチャレンジ』遊びと冒険の体験パスポート

■開催期間:2019年8月16日(金)~2019年10月27日(日)

■パスポートチケット代金
未就学児     :無料
小学生      :5,000円
大人(中学生以上):8,200円

■パスポートチケット代金に含まれるもの
岩岳ゴンドラリフト「ノア」往復代     :通常 大人¥1,800/小人¥1,000
八方うさぎ平までのゴンドラリフト「アダム」往復代     :通常 大人¥1,780/小人¥950
栂池パノラマウェイ(ゴンドラ+ロープウェイ)+栂池自然園入園料:通常 大人¥3,600/小人¥2,050
白馬つがいけWOW! アミダス利用料      :通常 大人¥2,500/小人¥2,000

■パスポートチケット販売場所
JTB旅いくHP 
白馬駅前・白馬山麓ツアーズ 
栂池高原スキー場 栂の湯売店(栂の湯1階)
岩岳マウンテンリゾート インフォメーション又はノア売店(ゴンドラ山麓駅内)
八方尾根スキー場 アダムプラザ売店(ゴンドラ八方駅内)


【会社概要】
会社名 : 株式会社 JTB
代 表 : 代表取締役 社長執行役員 高橋 広行
住 所 : 東京都品川区東品川二丁目3番11号
設 立 : 1963年11月12日
事業内容: 旅行業、旅客鉄道会社及びその他の運輸機関の乗車船券類の発売に関する事業、
      観光地の開発並びに旅行及び観光施設に関する事業等

会社名 : 白馬観光開発株式会社  HAKUBA RESORT DEVELOPMENT Co.,Ltd.
代 表 : 代表取締役社長 和田 寛
住 所 : 長野県北安曇郡白馬村大字北城6329-1
設 立 : 1958年7月4日
事業内容: スキー場一般(索道事業・飲食業)、索道施設32 基、食堂施設8 店舗

あわせて読みたい

【絶景】白馬三山に標高1289mの絶景カフェ誕生 / NY発の老舗ベーカリー出店でマウンテンリゾートに進化! HAKUBA MOUNTAIN HARBOR
PHOTRIP
リゾート地「白馬」が営業開始!日本で最も美しい池など「大自然を満喫」できる白馬エリア3選
Precious.jp
複数のラウンジ利用、ゴンドラやリフトの優先搭乗などをパッケージ化した国内初のVIPプログラム「HAKUBA S Class~VIP lounge & Priority pass~」
PR TIMES
GWは絶景テラスやイベント、50種類の遊びが充実!白馬の2大レジャースポットへGO
るるぶ&more.
マウンテンリゾートとして注目を集める白馬エリアに、"絶景大型ブランコ”やキャンプ場、自然について学べる教育プログラムなど、夏に楽しめる新たなアクティビティやスポットが期間限定で登場!
PR TIMES
マウンテンリゾート【白馬】の夏が2018年6月1日(金)からスタート
レアニッポン
~北アルプスの大自然のなかでの新しい働き方を提案~ 白馬岩岳エリア全体を一つのワークスペースとして活用できる新プラン『白馬リゾートテレワーク』提供開始
PR TIMES
白馬ガイド保存版。スキー場8選&オススメの観光スポット【2019〜2020年度版】
MATCHA
白馬村では2020グリーンシーズン、雄大な大自然を満喫できる様々なアクティビティで皆様をお迎えします。
PR TIMES
~白馬岩岳を『電動アシストマウンテンバイクの情報発信拠点』に~白馬観光開発、パナソニック サイクルテックと協業で、電動アシストマウンテンバイクの導入・普及への取り組みを開始
PR TIMES
白馬八方尾根スキー場、絶景にダイブできる上級者コース『TENBO』を開放し、12月6日より 2019-2020 冬季シーズン営業開始
PR TIMES
【北アルプスの絶景】「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」で楽しむ“三段紅葉”の魅力とは?
レアニッポン
非日常の世界にようこそ。白銀の絶景に現れた天空のバー!
Sheage
老朽で猶予なし、白馬「通年リゾート化」の賭け
東洋経済オンライン