樹木希林と加藤治子が通った…鹿児島の「がん放射線治療」病院とは
現代ビジネス
2019.08.09 05:50
片や「全身がん」、片や「余命5ヵ月」。そう診断されても、笑い合い、前を向いて生き続けた二人の女性がいた。稀代の大女優たちの知られざる交遊から「いかに病と生きていくか」が見えてくる。…

あわせて読みたい

「言い出しにくかったけど…」医者を替えて正解の場合もある
現代ビジネス
なぜ樹木希林さんは全身がんを公表したあとも、あれほど長い間、元気に仕事を続けることができたのか?
PR TIMES
高額だけど非科学的、がん「民間療法」に潜むワナ
現代ビジネス
樹木希林さん×ドリアン助川さん。2015年の対談を限定公開「一週間あれば、いつ死んでもいい」
婦人画報
カレンダーの裏の「内田啓子65歳」……樹木希林さんのがん治療にあたった医師が語る樹木希林さんとの思い出
PR TIMES
放射線治療を受けたがん患者の火葬場から放射線が検出される(米)
ギズモード
「最高のがん治療」とは「標準治療」のことである - 世界中の医学研究を徹底的に比較して分かった最高のがん治療
ダイヤモンド・オンライン
子ども好きだった私が、白血病で産めない体に…
女子SPA!
50歳からの「回り道しない」たるみケア!“結果重視”で真皮から弾力を立て直す
家庭画報
国内屈指の乳がん専門医 大野真司に迫る! 未来の患者を救うために 3/26(日)『情熱大陸』【TBS】
TBS[YouTube公式]
小児がんの治療最前線〜長期フォローアップと晩期合併症〜
家庭画報
検診を受けた女性1000人のうち50人程度が。若いうちからも知っておきたい乳がんのこと
ESSEonline
銀河宇宙線が脳にダメージ与える恐れ、有人宇宙探査の障害にも
AFPBB News オススメ
「アフリカのがん治療」最前線──被ばくリスクに揺れる現場と「2つの選択肢」
WIRED