Empty
9066693 full e230c816 9834 4aa7 827e 492cec020ce6
「中山英之展 , and then」から「ケティ・ラ・ロッカ『Appendice per una supplica』」展まで、7月のレビューをプレイバック
美術手帖
2019.08.01 18:30
青木淳評「中山英之展 , and then」
1階の展示風景。5つの上映作品の模型屋資料などが展示された © Nacása & Partners Inc.
 気鋭の建築家中山英之の個展がギャラリー・間で開催中だ。本展は模型やスケッチ、テキストで解説するという従来の建築展のスタイルではなく、竣工後の建物を住み手の目線でとらえた映像で紹介するというもの。展示を通して見えてくる中山の制作と思考のプ…

あわせて読みたい

Empty
言語とイメージを問う、ヴィデオ・アート草創期の実践。長谷川新評 ケティ・ラ・ロッカ「Appendice per una supplica」展
美術手帖
Empty
「超暴力展」から「暗黙知の技術」展まで、6月のレビューをプレイバック
美術手帖
Empty
ジョーン・ジョナスから「表現の生態系」展まで、1月のレビューをプレイバック
美術手帖
Empty
「ヒスロム 仮設するヒト」展から大山エンリコイサム個展「Black」まで。12月のレビューをプレイバック
美術手帖
Empty
「フィジーク トス」から、うらあやか展まで。4月のレビューをプレイバック
美術手帖
Empty
戦後日本の彫刻を牽引し、彫刻教育の礎を築いた一人。佐原しおり評「清水多嘉示資料展―石膏原型の全てと戦後資料(第Ⅲ期)」
美術手帖
Empty
磯村暖「LOVE NOW」から 「木下直之全集─近くても遠い場所へ─」まで。1月のレビューをプレイバック
美術手帖
Empty
「絵と、vol.3 村瀬恭子展」からギムホンソック「EVERY, DAY, ACTS, LIKE, LIFE(=不適切)」展まで。10月のレビュー8本を振り返る
美術手帖
Empty
村上隆の「バブルラップ」から小圃千浦の初回顧展まで、3月のレビューをプレイバック
美術手帖
Empty
「坂田稔-『造型写真』の行方」から「霧の抵抗 中谷芙二子」まで。2月のレビューをプレイバック
美術手帖
Empty
ゴールデンウィークはどこへ行く? いま見るべき15の展覧会をピックアップ【西日本編】
美術手帖
Empty
「MOTアニュアル」から『消しゴム森』まで、4月のレビューをプレイバック
美術手帖
Empty
「三旅人茶会」から「構造と表面」展まで、8月のレビューをプレイバック
美術手帖
Empty
差異を超えてつながる「加勢」という態度。 荒木夏実評「パレードへようこそ」展
美術手帖