ニューアイテム、老眼鏡 ー標本バカ 第七十四話
sotokoto online
2019.07.08 14:05
眼鏡愛用家の妻は、「買おうよ、買おうよ」とニコニコしながら迫ってくる。

僕はこれまで眼鏡というものに縁がない人間だった。視力は子どものころから今に至るまで1.5程度で、何しろよく見える。生き物の研究をするものとして、これはありがたい性質で、特にモグラのような小型の頭骨標本などを作製したり、観察したりという場面では助けとなるのである。ところが40歳を過ぎたころから、だんだんと近くのものが見えづらく…

あわせて読みたい