うつわディクショナリー#53  岡さつきさんの瑠璃と花
madame FIGARO.jp
2019.07.02 18:00
踊るようにほがらかに料理を引き立てる、絵付けに魅せられて
九州の陶産地・唐津にて、うつわを制作する陶芸家の岡さつきさんは、染付、安南、白瓷と、土や釉薬の異なるさまざまなうつわに絵や彫り模様を施します。そこに感じられるのは、人の手が描くことができる線の豊かさではないでしょうか。草花模様であっても、波模様であっても、踊るようにほがらかに料理を縁取り、使う人の心を高鳴らせるのです。—岡さんは、同じく…

あわせて読みたい

唐津焼の世界を満喫できる宿「洋々閣」2泊3日以上がこれからの日本旅館の愉しみ方
Discover Japan
インテリアに彩りを添える有田焼の時計「PISTA-S1/S2 ARITA」発売
PR TIMES
6人の同世代陶芸家を厳選。カレーが旨く感じる皿で「うつわ」デビュー
OCEANS
最近増えてきた「家庭料理が似合う作家ものの器」を楽しむ
re:sumica
うつわディクショナリー#23 佐藤もも子さんの染付
madame FIGARO.jp
うつわディクショナリー#59 古くて新しい白磁。山本亮平さん、ゆきさんのうつわ
madame FIGARO.jp
インテリアに彩りを添える、美しい有田焼の時計「PISTA-S1/S2 ARITA」
IGNITE[トレンド]
うつわディクショナリー食堂 #4 宇田津 鮨の折詰をあの人のうつわで
madame FIGARO.jp
唐津焼の注目したい作家たち《1》
クロワッサンオンライン
唐津焼の注目したい作家たち《2》
クロワッサンオンライン
季節を変えて何度も訪れたい、旬の美味を唐津焼で愉しめる日本旅館「洋々閣」
Discover Japan
うつわディクショナリー#38 松浦コータローさんのうつわをハレの日も普段の日も
madame FIGARO.jp
パーク ハイアット 東京「梢」でアートな食事を。
madame FIGARO.jp
(販売中)伝統の陶房から生まれた新時代の唐津焼 中里太郎右衛門窯「ボンボニエール(唐津球形蓋物)」 【DINING OUT ARITA& EDITION 限定販売】
ONESTORY