老舗から旬の新店まで勢ぞろい!知っておきたい銀座の名店の品5選
ippin
2019.07.01 21:30
東京、屈指の一等地である銀座。最新のトレンドが結集した街ながらも、老舗店が混在し、その懐の深さが魅力です。銀座では最新の流行だけでなく、歌舞伎座をはじめ日本の伝統・文化にも出会えます。そんな銀座に店舗を構えるお店は、もちろんどこも名店揃い。銀座の歴史と文化に磨かれてきた老舗から、目の肥えた買い物客に人気の新しい店まで、すべて実力のあるお店ばかりです。銀座に店を構えることは、まさに一流店の証。今回はこの銀座の地で今、愛されている名店の品をご紹介します。
1:銀座最旬のお店!カラフルな水玉模様がトレードマーク、『パティスリー カメリア』の「ボンボンショコラ」
スイーツ激戦区としても知られる銀座で2018年にオープンした『パティスリー カメリア』。店名の“カメリア”は店を構える花椿通りの“椿”に由来します。オーナーパティシエの高級ホテルで培われた技術が生かされた「ボンボンショコラ」は完成度の高い逸品。12種類のショコラはフレーバーの個性が生かされており、抹茶やゴマなどの和素材も味わえます。鮮やかな色が並ぶ水玉模様がトレードマークのショコラは“銀座の旬のお店”を代表するスイーツです。

ブランド名:Patisserie Camelia
商品名:ボンボンショコラ パレット(お取り寄せ可)
紹介記事
銀座で一番最旬なチョコレート!『パティスリーカメリア』のボンボンショコラ(中村奈津子)
2:銀座の贅を自宅でも!和食鉄板焼き『朔月』の「A5ランクの山形牛をつかった極上自家製ローストビーフ」
テレビ番組で紹介されたこともある銀座の名店、和食鉄板焼き『朔月』。料理長がその店内でひとつずつ丁寧に作る「極上ローストビーフ」は、肉の力強いうまみが特徴です。確かな目利きで選ばれた最高品質の山形牛を、肉店の専用冷蔵庫で1ヵ月以上熟成。プロの火入れの技術が、最高品質の肉のやわらかさ・香りを引き立てます。隠し味にトマトを入れた醤油ベースのソースも、料理長が太鼓判を押す味わい。“銀座の贅”を味わう喜びに溢れた逸品です。

ブランド名:和食鉄板 銀座 朔月
商品名:A5ランクの山形牛をつかった極上自家製ローストビーフ(お取り寄せ可)
紹介記事
肉そのものの旨味がたっぷり!ソースがいらない山形牛の極上ローストビーフ(売間良子)
3:銀座の地で60年愛され続ける甘納豆専門店『銀座鈴屋』の「栗甘納糖詰合せ」
1951年の創業以来、甘納豆を作り続けてきた甘納豆専門店の『銀座鈴屋』。創業当時と変わらぬ味わいの「栗甘納糖詰合せ」は、銀座鈴屋の代表銘菓です。選りすぐりの栗を熟練の職人が丁寧に手作りしており、栗本来の自然なおいしさが感じられます。黄金色の「栗甘納糖」に対し、こげ茶色の「渋皮付栗甘納糖」。2色のコントラストが鮮やかで、和風美を漂わせます。この優雅なただずまいと豊潤な味わいが、銀座で愛され続ける銘菓である所以です。

ブランド名:銀座鈴屋 銀座本店
商品名:栗甘納糖詰合せ(お取り寄せ可)
紹介記事
食べ比べたい、一粒一粒匠の技。銀座鈴屋の栗甘納糖 (佐野由美子)
4:新感覚の生ドライフルーツ!国産果実の濃厚な味わいが魅力の『彩farm』の「セミドライフルーツ彩りボックス」
GINZA SIXに店を構える『綾farm』は、新感覚の国産ドライフルーツの専門店。独自の製法により“生ドライフルーツ”と呼ばれる、しっとりとした食感と濃厚な味わいのセミドライフルーツを生み出しました。「セミドライフルーツ彩りボックス」はリンゴ・モモ・イチジク・和梨など9種の果物を使用。すべて国産で、その品質にもこだわっています。彩り豊かで和モダンなイメージのボックスは、まるで現在の銀座の姿を象徴しているかのようです。

ブランド名: 綾 farm
商品名:セミドライフルーツ彩りボックス(お取り寄せ可)
紹介記事
これは新鮮!生ドライフルーツの新食感が体験できるGINZA SIX「綾farm」(大澤美保)
5:歌舞伎座の横!漬物のプロ『銀座やまう』が全国から選び抜いた漬物詰め合わせ「若草」
東銀座の歌舞伎座横に位置する『銀座やまう』は、日本各地の選りすぐりの漬物が取り揃うお店です。こちらの漬物は、同店手作りのものも含め約50種類。母体となる『やまう株式会社』は古くから漬物の卸をしており、そのノウハウがぞんぶんに生かさています。「若草」はしば漬や、高菜漬など、全国各地から取り寄せた個性豊かな漬物の詰め合わせ。歌舞伎座の玄関をデザインしたパッケージもあり、漬物のおいしさのみならず、銀座らしさも感じられる逸品です。

ブランド名:銀座やまう
商品名:若草 漬物の詰め合わせ(お取り寄せ可)
紹介記事
安心&美味しさを兼ね備えた、“究極の漬物”が集まる場所。それが『銀座やまう』(はんつ遠藤)
ippin編集部

あわせて読みたい