セックスによるウイルス感染で発症する子宮頸がん。でも、予防もできる
FYTTEweb
2019.06.30 17:00
若年層にも多い子宮頸がん子宮のがんには、子宮の体部にできる子宮体がんと子宮の頸部にできる子宮頸がんがあります。子宮体がんは40代以降の女性に多い一方、子宮頸がんは20~30代の患者も多くいます。子宮頸がんはどんな病気なの?「子宮頸部(子宮の入口あたり)にできるがんです。セックスにより、子宮頸部にHPV(ヒトパピローマウイルス)が感染することが原因です。セックスの経験があれば、ほとんどの人がHPVに…

あわせて読みたい

【女性のカラダ大百科 まとめ】乳がん・子宮頚がんの疑問まとめ
@BAILA
アラサー、アラフォー女性を襲うがん! 検診率の低さが引き起こす“マザーキラー”とは
citrus
小さなサインを見逃さないで!注意したい子宮まわりの病気とその症状
GINGERweb
HPVワクチンで子宮頸部の病変が激減、がん予防につながる効果とスコットランドの研究グループが発表
FYTTEweb
子宮頸がん検診してる? 20代30代には危ないこんな落とし穴があった!
GINGERweb
「子宮頸がん」は妊娠への影響も?未然に防ぐためにできること
ESSEonline
30歳以上の3人に1人は子宮筋腫!? 大人女子には知ってほしい、「子宮のリアルトラブル」5つの数字!
DAILY MORE
些細な違和感、見逃し厳禁!20代でもリスクがある子宮系の病気5つ
CanCam.jp
注射の避妊薬に意外な効果。米国の研究で子宮頸がんの発症を減らす可能性
FYTTEweb
夜用ナプキンが10分持たない。生理不順の症状は“予兆”だった――37歳女性の話
DRESS
この機会に学びたい、子宮頸がんとウイルスとワクチン
Harper's BAZAAR(ハーパーズ バザー)
どの年代より20代、30代女性に子宮頸がんが増えています!
GINGERweb
子宮と命を守るため、20代30代女性はHPVワクチンを接種するメリットがある!
GINGERweb
【女性のカラダ大百科】30代女性が気をつけたい<子宮頸がん>に関するQ&A
@BAILA