Icon loading md
8864153 full 374740ee 4af6 4d01 b255 58b797eb31c0
温もりのある「家」のモチーフから派生したジュエリー。
madame FIGARO.jp
2019.06.29 11:00
30歳のデザイナーが贈る、女性と対話するジュエリー。
「ブランドを作ったきっかけは妊娠でした」。ミラノ発のジュエリーブランド、アリータのデザイナー、シンシア・ヴィルチェス・カスティリオーニは語る。
「子どもを宿した時に、家族の絆について深く考えたんです。自然発生的に生まれたのが、家を象ったジュエリーでした」。誰しもが特別な思いを抱く家。温もりのある家のモチーフは世界的にヒットした。その後、手紙…

あわせて読みたい