映画祭でも話題! 村上龍 原作の『ピアッシング』がついに日本公開!
OTONA SALONE
2019.06.27 12:00
これまで海外で映画化された日本文学の作家には、三島由紀夫(「午後の曳航」、「肉体の学校」)、谷崎潤一郎(「鍵」、「卍」(まんじ))、川端康成(「美しさと哀しみと」、「眠れる美女」)、遠藤周作(「沈黙」)等があり、最近では…

あわせて読みたい

手に負えない女ほど、手に入れたくなるもの・・・?
GINGER
テーマは「木造」! ハナレグミ 永積崇さんのご自宅のこだわり!
UR LIFESTYLE COLLEGE
ピアッシング
ぴあ映画生活 映画チラシ
ハリウッド版『呪怨』新作映画、米予告編が公開 ─ オリジナルに敬意払った現代版、ただし「もっとメチャクチャに」
THE RIVER
可憐なアリスから闇を抱えたSM嬢へ、村上龍原作のサイコスリラー出演女優の挑戦 - マリア・ブルタジオ for WOMAN
Newsweek
『ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷』サム・ライミ製作 新たな『呪怨』
ニッポン放送 NEWS ONLINE
日本ホラー映画のハリウッドリメイク特集!海外では「Jホラー」として人気!
FRONTROW
ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷
ぴあ映画生活 映画チラシ
村上龍の小説がハリウッドで映画化!その予告編が閲覧注意レベル
FRONTROW
トム・ホランド&ロバート・パティンソン共演『悪魔はいつもそこに』鳥肌級予告が解禁
FRONTROW
マッド・ハウス
ぴあ映画生活 映画チラシ
フェイクプラスティックプラネット
ぴあ映画生活 映画チラシ
鑑賞注意!? ヘイリー・ベネットが“異物”を飲み込む『Swallow/スワロウ』予告映像公開
ぴあ映画生活
[映画]アナと世界の終わりを観てきました〜![新宿武蔵野館]
DAILY MORE