広い視野で女性が自らのことを考える時、女は知的になる――編集部
クロワッサンオンライン
2019.06.24 07:45
1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、フランスの大女優を評した言葉を読み解きます。 文・澁川祐子 1978年7月25日号「永遠の美女」より 広い視野で女性が自らのことを考える時、女は知的になる――編集部 フランスで出版された『フランス映画の誘惑者たち・1936~1956』という本から、映画スターとなっ…

あわせて読みたい

女が本気になって自分の生き方と子育てを考えはじめた時から、社会とは無縁でいられなくなる――編集部
クロワッサンオンライン
女性の生きる道は、紆余曲折の連続――E・Iさん(インテリア・アシスタントデザイナー)
クロワッサンオンライン
私が1段ずつでも昇って行けば、次の人はもっと先まで行けるんじゃないかと思っています――若原千鶴子(船舶保険連盟)
クロワッサンオンライン
何かを望むんならば、人ではなく自分の力で得ようと思わなければ――山崎朋子(女性史研究家)
クロワッサンオンライン
外から与えられたものに頼って生きていくのは止めようと思いました――秦早穂子(映画評論家)
クロワッサンオンライン
女の幸せはこうなんだ、といっているのは男たちなのね――道下匡子(翻訳家、作家)
クロワッサンオンライン
自立ということが騒がれるのは、女自身が解放されていないからだって気がする――中山千夏(エッセイスト)
クロワッサンオンライン
遅すぎるということは決してないし、老いすぎるということも決してない――ソルヴェイグ・A(室内装飾家)
クロワッサンオンライン
“生活していく”ということは、いろんな意味でやりきれなく、またなにかで割切れるものではない――編集部
クロワッサンオンライン
人生が私を導いてくれるのです――シモーヌ・ベイユ(政治家)
クロワッサンオンライン
結婚は、不安定な男女関係を安定させるための、ひとつの解決方法でしかない――アニエス・ヴァルダ(映画監督)
クロワッサンオンライン
着物をいつくしむ心がなければ、長く着ることができない――須賀隆子(着物コンサルタント)
クロワッサンオンライン
生きていることの意味は美的なものです――道下匡子(映像作家)
クロワッサンオンライン
女である私までが、苦しんでいる女を扱わなくてもいい――アニエス・ヴァルダ(映画監督)
クロワッサンオンライン