高温多湿な部屋はカビの温床!家中で行うべき万全なカビ対策のルール
@Living
2019.06.23 00:10
梅雨に入り、いよいよ湿度が高い時期がやってきました。不快感が増すだけでなく、カビが活発に繁殖するのに格好の季節でもあります。カビは湿度60%、気温25℃以上になると活動的になるため、人が快適だと感じる場所にはカビが生えると言っていいでしょう。今回は、室内のどのような部分にカビが生えやすいか、カビの対策に何をしたらいいかを、家事・掃除アドバイザーの藤原千秋さんに伺いました。ココに注意!エリア別の対策…

あわせて読みたい

お掃除しても気になる寝室の臭い対策【後編:もう臭わせない予防策】
暮らしニスタ
窓に水滴びっしり!100均グッズや古タオルでできる、結露、カビくささの対策方法
ESSEonline
クローゼットはどこがカビやすいか知ってる?お部屋のカビ予防のコツを専門家が解説
Precious.jp
梅雨でも部屋をカビさせない!最新パワフル除湿機5選
@Living
「黒カビ」の簡単除去法と予防策3つ
Sumai
梅雨のカビ、ダニ、細菌を防止!リビングの危険スポットと対策まとめ
ESSEonline
やり方を間違えるとむしろ逆効果?カビ掃除で気を付けたいこと
暮らしニスタ
カビ対策どうする?場所別カビ対策と使えるアイテム
mamagirl
冬でも油断大敵!水回りや室内のカビ対策アイデア4つ
Sumai
すぐにできる結露対策。放っておくとカビやダニも!
ESSEonline
“夏型肺炎”の原因にも!? 夏の大敵「カビ対策」には、換気・風通し・掃除の3つが大切
Sumai
エアコンの内部も掃除★エアコンに潜むカビが怖い
暮らしニスタ
【お風呂場のカビ対策】梅雨シーズンは要注意!風呂場のカビ対策になる習慣と掃除方法(天井・壁・ゴムパッキン)
家men | オトコたちの家事を楽しく。毎日を楽しく。
ペットのいる家にはとくに有効!梅雨に気をつけたいカビ対策とエアコン掃除
ESSEonline