中国・ロシアが退潮する世界で、際立つ日米協調「G1.5」の存在感 - 河東哲夫 外交官の万華鏡
Newsweek
2019.06.13 13:30
<欧州議会選もペルシャ湾への米艦派遣も結局腰砕け――習近平もプーチンも弱みを抱えて笑うのは「安倍トラ」だけ>

国際問題は闇に輝くネオンのごとし。その鮮やかさで目を奪うと瞬時に夜陰に消え、忘れられていく。米朝首脳会談も期待のバブルがはじけ、旧態依然の対立に逆戻りした。

5月には米空母艦隊がペルシャ湾に結集する騒ぎになったが、アメリカ、イラン、サウジアラビア、イスラエルとも腰砕け。戦争でも平和でも…

あわせて読みたい

経済制裁で強硬プーチンを改心させられるのか? - 河東哲夫 外交官の万華鏡
Newsweek
アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」
Newsweek
有志連合の結成に「時間が必要」なのは、支持しているのは韓国ぐらいだから
Newsweek
アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
わが大統領トランプの「滅私奉敵」精神(パックン) - 風刺画で読み解く「超大国」の現実 Superpower Satire
Newsweek
イラン合意からの米離脱をプーチンが喜ぶ訳
Newsweek
ベネズエラ式「マドゥロ・ダイエット」って何? - パックン(パトリック・ハーラン) パックンのちょっとマジメな話
Newsweek
イランが濃縮ウランを増産、核合意は生き残れるか
Newsweek
米ロ新冷戦の荒波で安倍外交は難破寸前 - 河東哲夫 外交官の万華鏡
Newsweek
トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制 - 冷泉彰彦プリンストン発 日本/アメリカ 新時代
Newsweek
イランがホルムズ海峡を封鎖したらどうなるか──原油高騰と戦争だ
Newsweek
リラ急落で中国に急接近するトルコ──「制裁を受ける反米国家連合」は生まれるか - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
NATO会議と米ロ会談:無知なトランプの訪欧に震えるヨーロッパ
Newsweek
「プーチンによる平和」が生まれる中東―米ロ首脳会談でロシアが提示した「イスラエルとの取り引き」とは - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek