Icon loading md
8728456 full 330bb0c5 8d4f 414f 9c6a 6b66fee2b095
街で見かけた彼女の、耳もと手もと。STRANGER RINGS & EAR CUFFS
SPUR.JP
2019.06.12 11:00
ノーホールで楽しめるイヤーカフや、ひとひねりあるリングがますます充実する今。彫刻のようなフォルムや主張あるモチーフなど、一見気負ってしまいそうなデザインこそ、日常でさらりとまといたい。理想は、ふと出会った"見知らぬ人"のモードなアクセサリー・レイヤード。ノスタルジックな装いとのミックスマッチにも魅せられて。
※この特集中、以下の表記は略号になります。YG(イエローゴールド)、WG(ホワイトゴールド)、RG(ローズゴールド)、SV(シルバー)
モダンなデザインが、ふたたび気分
コンテンポラリーなツイストがきいたイヤーカフとリングのラインナップがより豊富に。 惹かれるのは、シルバーとゴールドのミックス。モードな重ね技を目撃!
 full 82c8bac0 9b5d 4675 b99a c889d1ed74b5
(上から)イヤーカフ〈SVにゴールドヴェルメイユ〉(2点セット)¥41,000・イヤーカフ〈SVにゴールドヴェルメイユ〉¥55,000・リング〈SV〉¥69,000/エドストロームオフィス(シャルロット シェネ)"サクセス"ダブルリング〈YG×WG〉¥368,000/フレッド トラッカージャケット¥30,000・中に着たシャツ¥23,000/ウェルダー
有機的なシェイプのイヤーカフをサイズ違いで重ねづけ。上のものはクリップ式で好きな箇所に装着可能。シルバーにゴールドのヴェルメイユ加工を施した上質な光沢感もポイント。指の関節には、金具を無造作に曲げたようなデザインのシルバーリングを。仕上げに中指の直線的なラインがシャープなダブルリングを添えて。お喋りする彼女の、さりげなく気が利いたレイヤリングから目が離せない。
 full 1d904623 9fed 446c 8a92 7fa0075bcb1b
(人さし指)リング〈K18YG〉¥180,000/シハララボ(シハラ) (人さし指と中指)ダブルリング〈SV〉¥39,000/THE WALL SHOWROOM(ラッツェル アンド ウォルフ) (中指と薬指)ダブルリング〈SVにYGプレーテッド〉¥14,000/BOWLES(HYKE) コート¥152,000/ショールーム リンクス(クリスチャン ワイナンツ) パンツ¥14,500/ミリ ヴィンテージ
階段ですれ違った人の手もとに見とれる。シルバーとゴールドの異なる幅のダブルリングをずらして装着。人さし指にはさらにマットなダブルアームのリングを加えたら、ラインの連なりにプレイフルな遊び心が光る。
 full 2a9743b7 ce18 48bd bc59 58af59985fee
(左手中指と薬指)ダブルリング〈SV〉¥62,000/THE WALL SHOWROOM(ラッツェル アンド ウォルフ) (右手薬指)リング〈SV〉¥11,000/BOWLES(HYKE) (右手人さし指)リング¥30,000/DES PRÉS(アリアナボウサード) イヤーカフ〈SV925にゴールドコーティング〉¥25,000/MN INC(. AROM.) Tシャツ¥11,000/ウェルダー
左手には、構築的なデザインに定評があるジュエリーブランドより、パネルが寄り添ったようなダブルリング。右手には湾曲したプレートが大胆なリングを。エッジのきいた2本に調和をもたらすのは、薬指の繊細なダブルライン。くしゃみ直前の表情もモードに飾る。
 full 6e4f6c05 dd7c 4529 81e0 cff0a8a467a9
(上から)イヤーカフ〈SV〉¥18,500/ハルミ ショールーム(コールムーン)  イヤーカフ〈SV〉¥8,000/ガリャルダガランテ 表参道店(サスキア ディズ) イヤーカフ〈RG〉¥66,000・イヤーカフ〈YG〉¥28,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) トラックスーツ¥56,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)
繊細なフープが連なる横顔で、何か考え事をしている様子。耳たぶのアクセサリーは一見4連のようだが、実は両端のフープは一つのイヤーカフ。大小二つの輪をつけたように見えるユニークなつくり。間にローズゴールド、イエローゴールドのフープを挟んで、サイズのグラデーションを堪能する。
 full a62ce0c8 4621 4789 aa59 a7a672a58c2d
(上から)イヤーカフ〈SV〉¥7,800/KNOWHOW(KNOWHOW Jewelry) イヤーカフ〈SV〉¥85,000/THE WALL SHOWROOM(ラッツェル アンド ウォルフ) ダブルラインイヤーカフ〈YG〉¥22,000/ショールームセッション(ヒロタカ) トップス¥12,800/THE WALL SHOWROOM(ゴスペル)
"サイズレス・ノーホール・ハンギング"がコンセプトの気鋭イヤージュエリーブランドより、耳に引っ掛けると裏側に半月のようなフォルムが現れる変化球を。顔の角度を変えたときにきらめきを放つ。そんな主役級の一品には、さりげないフープのイヤーカフが好相性。エッジィな佇まいをほどよく中和する。
耳にパールを、指にはジェムを
よりファッション感覚で楽しめるよう、フェイクも巧みに活用したパールのイヤーカフも続々。色石は、あえてタフなイメージに落とし込むのが新鮮。組み合わせの妙を感じたい。
 full 80e43310 0c5c 499f 8965 91a01544894b
(左手人さし指)2連リング〈SVにYGプレーテッド〉¥14,000/ショールームセッション(MARIA BLACK) (左手薬指)リング〈SVにゴールドプレーテッド、グリーンアゲート〉¥65,000/Last Dance 
(右手人さし指)リング〈アクアマリン〉¥60,000/SOURCE object(s キャスリーン・ウィテカー) ドレス¥28,000/ラコステお客様センター(ラコステ)
手作業で丹念に切り出したグリーンアゲートは、ツヤ消しを施したマットなテクスチャーが美しい。アクアマリンのロックリングは、ぴたりと指になじむ。水色に浮かぶ乳白色と、金粉のような自然のインクルージョンにうっとり。日常の何げない所作も、ぐっとモダンに。
 full 83b822fa 5a0d 46cc a3e0 b8fe4fc9092d
(上から)イヤーカフ〈K10YG、あこやパール〉¥64,000・イヤーカフ〈K10YG、あこやパール〉¥160,000/petite robe noire(ヨシヨ) フーディ¥10,000/シティショップ
愛媛産の10㎜あこやパールをセッティングした、ユニークなイヤーカフ。耳もとから真珠が浮いているようにも見える立体的な設計は、ナチュラルなメイクアップにも映える。スクエアなフォルムの地金部分との対比も面白い。
 full 9bc687fa 503e 4c66 beac d017f0d20047
(右手薬指)リング〈SV、ラピスラズリ〉¥61,000/DES PRÉS(レジェ) (右手中指・指先から)リング〈WG、イエローサファイア〉¥99,000・リング〈WG、ブルーサファイア〉¥99,000・リング〈WG、ピンクサファイア〉¥105,000・リング〈WG、グリーンガーネット〉¥99,000/ハルミ ショールーム(オー)
(左手人さし指)リング〈YG、アメシスト、クリソプレーズ〉¥180,000/ギャラリー ドゥ ポワソン(etsuko sonobe) ニットポロシャツ¥7,500/ミリ ヴィンテージ デニムサロペット¥71,000/ショールーム リンクス(クリスチャン ワイナンツ)
ラピスラズリを丁寧にはめ込んだシルバーのボールドなリング。そしてアメシストとクリソプレーズの石を贅沢にセットした、透明感あるリングを左手の人さし指に。関節には緻密に並べられた色石のリングを4連ではめれば、髪を結う後ろ姿も美しく。武骨さとフェミニニティの融合がカギ。
 full e876a0da 13cd 4b97 9c70 110a089db20c
(上から)イヤーカフ〈アクリルパール〉¥2,800/EMbellire by AKKI イヤーカフ〈YG、パール、ブラックオニキス〉¥26,000/ショールームセッション(ヒロタカ) イヤーカフ〈SVにゴールドプレーテッド〉¥9,000/KNOWHOW(KNOWHOW Jewelry) キャップ¥7,000/THE WALL SHOWROOM(ウォーク オブ シェイム) ジャンプスーツ¥32,000/エイチ ビューティ&ユース
耳に添うように5つのイミテーションパールが連なるイヤーカフは、気軽にトライできるプライスも魅力。耳たぶのブラックオニキスをアクセントに、小粒ながらギミックのきいたデザインで主張する。風に吹かれる笑顔が眩しい。
華やかなモチーフが呼応する
サイドからの視線を集めるのは、鮮やかなカラーリングの装飾的なアクセサリー。スタイルを牽引する、アイコニックな輝きをプラス。
 full 1c17aa7d 6fdd 452b 924a 0768017d9d96
(上から)フラワーイヤーカフ〈ブラスメタル、ガラス〉¥57,000・イヤーカフ〈ブロンズ、ジルコン〉¥43,000・イヤーカフ〈ブロンズ、ジルコン〉¥37,000・フラワーリング〈ブラスメタル、ガラス〉¥43,000
 シャツドレス¥181,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)
精巧なガラスとエナメル工芸を駆使してつくられたフラワーモチーフがレトロな趣。ステンドグラスのようなみずみずしい質感のブルーが、装いにプレイフルなエッセンスを加える。うたた寝する彼女のやわらかい表情を、ポップに彩られたサイズ違いのイヤーカフでも飾って。ファッションジュエリーならではの自由度で、軽やかなミックスを試してみたい。
SOURCE:SPUR 2019年7月号「STRANGER RINGS & EAR CUFFS」photography: Takeshi Takagi〈SIGNO〉 styling: Lisa Sato〈bNm〉 hair & make-up: Mika Iwata〈mod’s hair〉 model: London cooperation: Tokyo Art Museu

あわせて読みたい