Icon loading md
8722743 full b60c1c9f 525c 4906 83c1 c126f3d63d9d
抜いてしまいがちでも重要!ダイエット中におすすめの朝ごはんレシピ集
antenna*
2019.07.01 00:00
「とる習慣がない」「少しでも摂取カロリーを抑えたいからとらない」という人も多いと思いますが、ダイエット中の朝ごはんは超重要! 睡眠時に低下した体温を戻し、代謝スイッチをONにして健康的なやせ体質に導いてくれるんです。そこで朝ごはんにぴったりのレシピなどをまとめました。
(c) gettyimages
【腸活&美肌サポート】ヨーグルトを使った朝ごはんレシピ
ヨーグルトの中にマシュマロを入れて混ぜ、冷蔵庫に入れておくだけのテクなし「ずぼらレシピ」。ぷるぷるシュワシュワでおいしいマシュマロヨーグルトは、乳酸菌で腸内をキレイ&コラーゲンでお肌ぷるぷるの最強朝食レシピです。

ヨーグルト+フルーツ+グラノーラ+スーパーフードを上手に盛り付けるだけで、SNS映えも叶える“朝パフェ”。飲む点滴・甘酒を砂糖の代わりに使えば、低カロリーで栄養たっぷりです。盛り付けのコツやおすすめスーパーフード情報も!

痩せホルモンを増やして痩せる「おからヨーグルトダイエット」。おからパウダー(食物繊維)+ヨーグルト(乳酸菌)は最強の組み合わせで、作り方も簡単で取り入れやすいと評判です。コーヒーに混ぜたりドレッシングにしたりとアレンジできるので、毎日の朝ごはんに取り入れてみて!

【食物繊維で下腹すっきり】野菜を使った朝ごはんレシピ
食トレンドの発信地N.Y.から発祥した「朝ベジ」。管理栄養士の麻生れいみ先生いわく、朝ごはんに野菜を食べるメリットはむくみとりや美肌効果など女性に嬉しいものばかり! 簡単に作れる朝ごはんレシピもご紹介します。

「夜に仕込む元気はないし、朝もゆっくり時間がとれない……」そんな人のための時短でおいしい朝スープレシピ集。容器に材料を入れてレンジで加熱&お湯を注ぐだけだからコンロも使わなくてOK。洗い物が少ないのも嬉しいポイント!

自宅で簡単に仕込める発酵食品・酢キャベツは、酢のパワーで代謝アップ&キャベツの食物繊維でおなかスッキリを叶える優れモノ。まとめて仕込める上に、普通にキャベツを食べるよりもダイエットに効果的なのだとか。実際に試した人のコメントも参考になります!

【むくみ解消】デトックスしたいときの朝ごはんレシピ
太って見える上に、放置すると水太りの原因になってしまう恐ろしい「むくみ」は、朝ごはんでスッキリとリセットしましょう。スープやジュース、作り置きOKおかずなど、デトックス力の高いレシピは、朝だけでなくむくみが気になったときも積極的に取り入れて!

デトックスジュースを飲んで、ダイエットの邪魔をする便秘やむくみを改善! 「朝ごはんにデトックスジュースを取り入れるとデトックス力がアップする理由」と「赤・緑・黄」のカラー別・デトックスジュースレシピを、管理栄養士の大越郷子先生が解説しています。

ビタミンや食物繊維などの栄養素だけでなく、解毒作用もあるフルーツ酵素が豊富なドライフルーツ。毎日の朝ごはんに取り入れやすいデザートスープにすれば、消化しやすくなるので朝ごはんにぴったりです。材料を一晩水に浸けて、翌朝ブレンダーやミキサーで撹拌すれば完成する簡単さも◎!

多くの女性から支持を集める美容家・神崎恵さんが食べているデトックススープのレシピ。少し手間がかかりますが、どんより重ダルな体をすっきりリセットしてくれます。ゆっくりと自分の体と向き合いたい日の朝ごはんに。

【不足しがちな栄養を補給】フルーツを使った朝ごはんレシピ
今や、すっかり身近な食材になったアサイー。腸内環境を良くする食物繊維、内臓脂肪の排出を促してくれるポリフェノールや、ダイエット中に不足しがちな鉄分などをまとめてとれるスーパーフードです。アサイーボールやジュースなどのレシピとともに、アサイーボウルを美味しくつくる4つのルールも必読!

フルーツにたっぷりと含まれているビタミンCは、美肌だけでなくダイエットにも◎! ビタミンC療法の第一人者と呼ばれている医学博士・亀山孝一郎先生や、酵素栄養学の第一人者・鶴見クリニック理事長の鶴見隆史先生の解説とともに、フルーツを使ったおすすめ朝ごはんレシピをご紹介します。

いちご+牛乳+甘酒でつくる「甘酒いちごミルクプリン」のレシピ。甘酒はビタミンや酵素がたっぷりと含まれていて、ダイエット中の栄養補給にぴったり。いちごを好きなフルーツや旬のフルーツに置き換えても◎。作り置きOKだから、どんなに忙しい朝もペロッと食べられますね!

【朝はしっかり、昼は軽めに】ガッツリ系朝ごはんレシピ
筋肉を作るタンパク質をたっぷりと補給できる鶏むね肉は、低脂肪なのに濃いめの味付けでガッツリメシにもなるダイエッターに嬉しい食材!  色々な味付けのレシピで、毎日違う味の鶏むね肉を楽しみましょう。お弁当向きのレシピも!

低カロリーで食物繊維たっぷりなのに、濃い味付けがマッチする奇跡のダイエット食材・きのこ。すき焼き風やカレー味などの味付けで、ダイエット中にはなかなか食べられないガッツリ系朝ごはんもたまにはアリ。さっぱりした味付けでは満足できない男性にもおすすめですよ!

低カロリー&栄養たっぷり&新陳代謝をアップしてくれる消化酵素が豊富に含まれている長芋は、すりおろして食べるだけではもったいない! 和え物、マヨチーズ焼き、ケーキなど、色々なレシピに活用できます。副菜にもメインにもデザートにもなるなんて、実はものすごくポテンシャルの高い食材かも!?

【朝飲むだけで痩せる!?】コーヒーを使った朝ごはんレシピ
「朝ごはんとして飲むだけで痩せる」と話題になったバターコーヒー。なぜ高カロリーなバターを飲んで痩せるのかというメカニズムや、バターコーヒーのレシピ、材料の選び方、バターコーヒーダイエットの成功事例などを紹介しています。

「バターコーヒーダイエットを始めてみたけど、全然痩せなかった」「お腹が減ってすぐ辞めてしまった」という体験談もちらほら。そこで知っておきたいのが、バターコーヒーのNGレシピやNGな飲み方。ただ飲むだけでは痩せないので、正しい取り入れ方を知っておくことが大切です。

【朝ごはんはとるべき?】そもそも朝ごはんは必要か否か問題
「午前中は胃腸を休める時間なので食事は不要」などの理由で“朝ごはんをとらない派”もいる中、正しいのは朝ごはんをとるべき? とらないべき? 食べるならどんなもの? そんな気になる疑問に、医師がきちんと答えます。

自律神経研究の第一人者として知られる順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生いわく、「血流を改善する自律神経と腸を制するものが健康を制す」。ダイエットに成功しても、不健康になってしまったのでは意味がありません。自律神経の機能を高める方法の一つとして、朝食について触れています。

あわせて読みたい