「65歳まで全員雇用」で企業、個人はどうなる
東洋経済オンライン
2013.01.21 08:30
いよいよこの4月から、「改正高年齢者雇用安定法」が施行される。大企業・中小企業を問わず、あらゆる企業は、希望する従業員を全て、「65歳まで雇用」しなければならないのだ。雇う企業、雇われる従業員は、いかに対応する必要があるか。

企業が雇用を延長するには3通りある。1)定年延長、2)定年廃止、3)継続雇用(再雇用)の3つだ。実際には、1)や2)は難しく、現状では8割以上が再雇用を選択している。再雇用…

あわせて読みたい