資産形成を始めるなら若いほど有利──株と投信で資産防衛する方法
Newsweek
2019.06.10 15:15
<年金が実質的に目減りし、消費税は増税、退職金や終身雇用制度の存続も危うい。昭和・平成とは考え方を変えなければ資産は守れない>

初任給を受け取ったときに「学生時代のバイト代よりずっと多い!」と感じた人は少なくないだろう。かつて筆者もそう思った。給料やボーナスを何に使うか考えるのは楽しいが、ちょっと発想を変えて「遠い将来の自分」のために投資を始めてはいかがだろうか。

「投資に興味はあるけど、なん…

あわせて読みたい

成功している人は絶対にやらない!投資初心者がやりがちな「NGな投資方法」5選
Precious.jp
投機に乗らずに心理を知って広義の「投資」を
Newsweek
外国株には「買いのタイミング」がある!失敗しない海外投資のやり方
Precious.jp
投資デビューはインデックス投信が無難
Wedge[企業]
【資産運用】なぜ、日経平均のPER は「15 倍が適正」なのか
Newsweek
戦後の株価の「おおよそ」の動きを知り、ネット株投資の「相場観」を身に付けよう
HARBOR BUSINESS Online
ポイントは長期・積立・分散。今年から始める「投資」のススメ
lifehacker
低コスト&つみたてNISA対象のインデックス投信111本、これなら買っていい! - 有料記事限定公開
ダイヤモンド・オンライン
【お金】初心者にもオススメなのは…「投資」の基本を徹底解説! | ananweb - マガジンハウス
anan web
退職後の株投資で大損こいた元日経新聞記者が辿り着いた「ほどほどの利益を得る」投資術
HARBOR BUSINESS Online
「iDeCo」「NISA」「積立NISA」、選ぶならどれ?
東洋経済オンライン
「日本買い」する外国人投資家。長期投資家はこれから参入!?
HARBOR BUSINESS Online
インデックス投信が今後も投資に有効な理由
東洋経済オンライン
コロナショックでも23%の運用益!? リスクコントロール型ファンドの実力
HARBOR BUSINESS Online