Empty
8619000 full b34dbd78 c65f 441b aca3 4fe35b508c41
現代における「彫刻」を追求し続ける彫刻家。髙山陽介の個展がANOMALYで開催
美術手帖
2019.05.31 08:00
 髙山陽介は1980年群馬県生まれの彫刻家。2005年に多摩美術大学美術学部彫刻学科 を卒業後、07年に同大学大学院美術研究科彫刻専攻修士課程を修了した。 これまで髙山は、「髙山陽介 Under35」(2015、BankART、神奈川)、「中庭」(2016、CAPSULE、東京)、「Unknown Sculpture Series:朝のうた」(2017、gallery21yo-j、東京)といった個…

あわせて読みたい

Empty
【期待のアーティストに聞く! 】中野浩二 ただ、人をつくりたい
美術手帖
Empty
関東では20年ぶりとなる大規模個展。「青木野枝 霧と鉄と山と」が府中市美術館で開催
美術手帖
Empty
彫刻家として追い求めるブレイクダンスの移動性。小畑多丘インタビュー
美術手帖
Empty
東京・南青山で小畑多丘 個展「Opposite Effects」開催|ART
OPENERS
Empty
小谷元彦の作品群を通して見る、日本・彫刻の歴史。小田原のどか評「小谷元彦 Tulpa – Here is me」展
美術手帖
Empty
オルタナティブな彫刻家としての青木野枝。小田原のどか評「青木野枝『霧と山』展」
美術手帖
Empty
無表情の男の像が、あなたの心を映し出す。彫刻家、シュテファン・バルケンホールの個展を見逃すな。
Pen Online
Empty
Chim↑Pomと平成最後のクリスマスを。ANOMALYでギャラリーツアーとクリスマス会が開催へ
美術手帖
Empty
朽ちていく自然の姿に向き合い、その美しさを見出す。彫刻家・七搦綾乃の個展が金沢21世紀美術館で開催
美術手帖
Empty
青木野枝がつくる透明な鉄の森へ|青野尚子の今週末見るべきアート
Casa BRUTUS
Empty
自身の経験をもとに。小谷元彦が「死」と「自己」について考えたポートレイトを発表
美術手帖
Empty
三沢厚彦の“アニマルズ“作品が〈富山県美術館〉に集合!
Casa BRUTUS
Empty
ポップな形態に宿るアニミズム的エネルギー。彫刻家・コムロタカヒロによる個展が銀座 蔦屋書店で開催
美術手帖
Empty
彫刻家・戸谷成雄が新作展「直方体の三等分・四等分」を開催。新作の立体作品を中心に発表
美術手帖