「前に出ないと気が済まない」上司の危うい思考
東洋経済オンライン
2019.05.23 08:20
「リーダーシップ論」の歴史は古く、さかのぼればイエス・キリストや老子の時代からこのテーマは論じられてきました。

時代が進んでさまざまなリーダー論が提唱される中、最も古くから「信頼を集める」として説かれるのが「サーバント・リーダーシップ」だと、『スタンフォード式 最高のリーダーシップ』の著者、スティーヴン・マーフィ重松氏は言います。

スタンフォード大学の心理学者としてリーダー論の講義を受け持ち、…

あわせて読みたい

トランプ型かリベラル型か、パンドラの箱が開かれた時代のリーダー論
Newsweek
触れればわかる。あなたの世界を一変させる「レクサスの想像力」
LEXUS
「管理職とプレイヤー」を両立する人が陥るワナ
東洋経済オンライン
本物のリーダーシップのスキルを持ったリーダーを見分ける5つのサイン
lifehacker
エゴと謙虚さ、強さと弱さ。いま求められる「アサーティブ・リーダー」
lifehacker
昇格した途端「偉そう」に振る舞う上司の心理
東洋経済オンライン
『嫌われる勇気』著者、岸見一郎が説く、逆説のリーダーシップ論『ほめるのをやめよう リーダーシップの誤解』
PR TIMES
【知って驚き!アートの豆知識】《最後の晩餐》にまつわるエトセトラ
GINGERweb
今どきの部下を動かすリーダーシップとは? - IT&Business
ダイヤモンド・オンライン
企業もスパイ機関も同じ CIAが説く意外な最強リーダー論 - グレン・カール CIAが視る世界
Newsweek
クリスマスに寄せて―キリストの生涯を聴く
東洋経済オンライン
「ローマ教皇は全キリスト教徒のトップではない」って、知ってた? - ビジネスエリートの必須教養 世界5大宗教入門
ダイヤモンド・オンライン
トランプ氏、自身を賛美する聖歌を投稿 大統領選のスローガン使用
AFPBB News オススメ
乙武洋匡・世界へ行く│キリスト教徒でもなく、足もない僕が体験したロンドンの「洗足式」(1)
COURRiER Japon