Icon loading md
8516242 full 6781377b 95a0 4b23 a895 9739dfe2f89c
梅雨を逆手に取って旅を楽しもう! 「星野リゾート」の新感覚滞在とは
CREA
2019.05.19 08:00
 梅雨の時期は出かけるのが億劫だし、旅行の計画を立てるのも今ひとつ気が乗らない……そんな風に思っているあなた、それはもったいない!
 今年の梅雨シーズンは、いつもと違う過ごし方をしてみませんか?
 全国各地に多彩なスタイルの宿泊&行楽施設を展開する「星野リゾート」なら、梅雨の時期だからこそ体験できるお楽しみがたくさんあるんです。
梅雨の森を遊び尽くす “雨グランピング”
◆星のや富士
 full 5c812be2 69d8 42df 92b9 63300e015b1e
梅雨の森を楽しむ新しいグランピング体験ができる、“雨グランピング”は2019年6月1日(土)~7月15日(月・祝)の期間限定開催。宿泊ゲストなら、誰でも無料で参加できる。
 河口湖を望む広大な森の中に、自然とふれ合えるクラウドテラスや年間を通して快適に過ごせるキャビンなどが点在するグランピングリゾート「星のや富士」では、梅雨の森を楽しむ新しいグランピングを提案。
 2019年6月1日(土)~7月15日(祝・月)の期間、“雨グランピング”を開催する。
 この“雨グランピング”は、宿泊ゲストなら誰でも、客室に備えられたポンチョと長靴を身につけ、梅雨時期の美しい森を楽しむ催しに自由に参加できるというもの。
 full 5f8332fc db39 46fa 90d2 03e530b434f0
雨で潤う森を巡る“潤いの森ディスカバーウォーク”は、雨の日のみ15:30~16:30に開催。
 チェックイン時に“雨の森招待状”を受け取ると、そこには雨を楽しむさまざまな催しの案内が。
 例えばそのひとつが、雨で潤う森を巡るアクティビティ“潤いの森ディスカバーウォーク”だ。
 地図に記されたポイントを探しながら森の中を歩けば、雨の日にだけ現れる、美しい景色や新しい発見が待っている。
 full 7a253022 1f80 45b7 82eb 0a99b76cde9e
雨音を聞きながらアフタヌーンティーが楽しめる“森のひととき”は、毎日14:30~17:00に開かれる。
 期間中の毎日午後には、雨音を聞きながらアフタヌーンティーが楽しめる“森のひととき”がクラウドテラスで開かれる。
 ここでいただけるのは、コーヒーや紅茶に加え、スキレットで温める香ばしいバームクーヘンに季節のフルーツ、雨の森をイメージしたオリジナルカクテルなど。
 雨の森を望むクラウドテラスの好きな場所に腰掛け、おしゃべりに花を咲かせるもよし、読書にふけるもよし。思い思いの時間を過ごしたい。
 このほか、天気によって彩りを変える森の景色を葉書に描く“絵葉書づくり”や、宿泊するその日に客室で使える“バスソルトづくり”などに参加するのもおすすめだ。
 full 81823b17 01ac 4c5c a4db f8450cdbcea2
雨に濡れると色が変わる“雨宿りティピ”が設置されたクラウドテラスを中心に、雨を楽しむさまざまな催しを用意(写真はイメージ)。
 “雨グランピング”期間中は、すべての客室にポンチョと長靴が用意されているので、特別な荷物は必要なし。
 そして宿泊は、バスルームや空調が備わったキャビンタイプのゲストルームなので快適そのもの。
 本格的なアウトドア体験と上質なリゾート体験が同時に叶うのは、星のや富士だからこそ。大人のためのグランピングリゾートで、雨が待ち遠しくなる新感覚の滞在を。
星のや富士
所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
電話番号 0570-073-066(星のや総合予約)
https://hoshinoya.com/
良縁を運ぶ“縁雫”を感じて
◆星野リゾート 界 出雲
 full 6f60e21f d635 4fa1 bfc4 e3bf425b1851
良縁を運ぶ雨でご縁を結ぶという島根の言い伝えにヒントを得た、“縁雫(えにしずく)巡り”は2019年6月1日(土)~30日(日)の1カ月間限定開催。写真は、湯上がり処の吹き抜け天井などを和傘で彩る“和ンブレラスカイ”。
 島根県は“弁当は忘れても傘は忘れるな”といわれるほど雨が多い地域。その一方で島根県は縁結びの地であり、雨は良縁を運ぶ“縁雫(えにしずく)”と呼ばれているのだとか。
 そんな島根県の玉造温泉にある温泉旅館「星野リゾート 界 出雲」では、良縁を運ぶ雨でご縁を結ぶ、“縁雫(えにしずく)巡り”を期間限定で催す。
 土地に伝わる文化、“縁雫”にまつわる装飾や設えで館内を彩り、梅雨時の旅行に花を添える。
 館内を彩る“縁雫”を感じるポイントは4つ。
 そのひとつが、湯上がり処の吹き抜けの天井と太鼓橋を和傘でいっぱいにする“和ンブレラスカイ”だ。
 色とりどりの和傘は、隣県・鳥取県伝統の“淀江傘”。頭上に広がる美しい和紙の柄と竹の骨組みは鮮やかさと繊細さを兼ね備え、雨の日が芸術に変わることを体現しているかのよう。
 そこに、傘と傘の間から雫が降り注いでいるような装飾を施すことで、館内にいながら雨に濡れずに、島根県ならではの“縁雫”を感じられるという粋な趣向となっている。
 full 314bb100 4b3e 4893 85b5 d706da83b3ac
“雨音みくじ”を引いて、メッセージを読んだあとに館内の和傘に結ぶと、玉造温泉街にある「玉造湯神社」にそのおみくじが奉納される。
 ポイントの2~3番目はトラベルライブラリーで催される、“雨音みくじ”と“遠距離手紙”。
 “雨音みくじ”を引くと、運勢や館内のラッキースポットといったメッセージが。
 引いたおみくじを館内の和傘に結ぶと、後日スタッフによって玉造温泉街にある「玉造湯神社」に奉納されるので、屋外で降り注ぐ縁雫の雨音と一緒に運ばれてくる良縁のご利益がきっとあるはず。
 大切な人へご縁を運ぶ“遠距離手紙”は、島根県西部で作られる石州和紙を使用した界 出雲オリジナルのハガキに手紙を書くというもの。距離が離れていても大切な人へご縁を運ぶことができる。
 そして最後のポイントが、“万華鏡”という名のアジサイが、敷地内のウッドデッキを鮮やかに彩ること。
 島根県が開発した“万華鏡”は、流通量が少ないため希少性が高い。また、ジャパンフラワーセレクションで最優秀賞を受賞している品種として、知る人ぞ知る存在だ。
 “縁雫”が降り注ぐ中、雫の滴るアジサイ“万華鏡”を愛でる。その体験は、梅雨とご縁を感じられる島根県、そして界 出雲ならではの貴重なひとときになるだろう。
 full 958bcf13 3afc 4ee9 8a19 8c37e7acd5fe
玉造温泉は、平安時代から美肌の湯として知られる。広々とした大浴場はもちろん、客室でもその美肌の湯を満喫することができるのがうれしい。写真は、信楽焼の湯船が設えられた、客室の一例。
 おいしいものを食べて、温泉に入り、ひたすらおこもり滞在がしたい。そんな人こそ梅雨どきの6月は、館内が情緒あふれる“縁雫”の設えで満たされた界 出雲へ。
 全室露天風呂付きの界 出雲なら、美肌の湯として名高い玉造温泉の湯浴みがゆったりと楽しめ、旬の素材をたっぷり使った料理が堪能できるのだから。
星野リゾート 界 出雲
所在地 島根県松江市玉湯町玉造1237
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
https://kai-ryokan.jp/izumo/
素敵な店が連なる街並みを カラフルな雨傘が彩る
◆軽井沢星野エリア ハルニレテラス
 星野リゾートが運営する「軽井沢星野エリア ハルニレテラス」は、自生している春楡(ハルニレ)の木々を活かし、16店舗のレストランや雑貨店が並ぶ、小さな街のように設計された商業施設だ。
 周囲の自然と共生するように設計され、木々を渡る風や川のせせらぎを聞きながらくつろげるスペースを広く設けていることから、軽井沢の立ち寄り&お散歩スポットとして高い人気と知名度を誇っている。
 そんなハルニレテラスでは、2019年6月1日(土)から梅雨が明けるまで、毎年好評の雨を楽しむイベント“軽井沢アンブレラスカイ”を今年も開催する。
 full 170e1e5b 17db 49ba 933d 6ae7a4136eea
100本のカラフルな傘で彩られた、ハルニレテラスの街並み“傘のアーケード”。晴れの日、雨の日、昼と夜とで、それぞれ異なる表情をみせる。“軽井沢アンブレラスカイ2019”は、2019年6月1日(土)から梅雨が明けるまで、毎日8:00~22:00まで開催(ライトアップ18:00~)。
 “軽井沢アンブレラスカイ2019”では、このハルニレテラスの街並みを100本の傘が彩る、その名も“傘のアーケード”が見どころのひとつ。
 晴れの日には、陽差しが半透明の傘を透過して足元のウッドデッキに映る。雨の日には濡れたウッドデッキが水鏡のようになり、頭上も足元も傘に囲まれているような感覚に。そして夕暮れからのライトアップでは、幻想的な景色に様変わり。
 いつどんな状況でも、それぞれに異なる美しい光景を描き出す仕掛けとなっている。
 full 29e89b2e c1e6 4c41 82f8 9bb116935f96
雨が降り、ハルニレテラスの店舗をつなぐウッドデッキが濡れると、デッキ上に葉っぱや動物を象った“レイニーアート”が出現! 春楡(ハルニレ)の葉、ムササビやニホンリス、ツキノワグマなど、森の生きものをイメージした模様は、雨の日にだけ見ることができる。
 full dcf9b840 1a73 431f 9c5c 6c9087ca290f
空中に浮かせたアンブレラのフラワーアレンジメントで彩られた、新フォトスポット“アンブレラガーデン”(林のパティオ)。
 2015年にスタートし、5回目を迎える“軽井沢アンブレラスカイ”。今年2019年は、フォトスポット“アンブレラガーデン”が新登場!
 傘をフラワーポットに見立てたフラワーアレンジメントには、雨露に映えるアジサイやスパニッシュモスなどの花々を使用。
 春楡(ハルニレ)の木立の緑と、空中に浮かせたアンブレラのフラワーアレンジメントのコントラストが美しい“アンブレラガーデン”(林のパティオ)は、写真映えすること間違いなし!
 また軽井沢に別荘を持つ人たちは、晴れた日とは異なる風景が見られる雨の日だからこそ、テラスでティータイムを楽しむのを好むのだとか。
 ハルニレテラスのカフェやレストランにもテラス席が用意されているので、雨露に濡れる緑を眺めながら雨音を聴き、いつもよりゆっくりした時間が過ごしてみるのもオツなもの。
 梅雨の軽井沢は美しく、楽しい。きっと新しい軽井沢の魅力に出合えるはずだ。
軽井沢星野エリア
所在地 長野県北佐久郡軽井沢町星野
電話番号 0267-45-5853
http://www.hoshino-area.jp/
文=立花奈緒(ブレーンシップ)

あわせて読みたい