エベレストで今季初の死亡者、登頂後の休憩中に 1人不明
AFPBB News オススメ
2019.05.18 10:25
【5月18日 AFP】世界最高峰エベレスト(Mount Everest)で17日、今年の春季登山シーズンで初となる死亡者が確認され、1人が行方不明になっていることが分かった。ネパールの登山手配会社が明らかにした。


 死亡したのは、インド人登山者のラビ・タカール(Ravi Thakar)さん(28)。標高7920メートルに位置する第4キャンプで17日朝、自身のテント内で死亡しているのが発見された…

あわせて読みたい