Icon loading md
8435111 full d971556d f999 426b 9ca3 981e5e190be6
【今週の「TOKYO CLIPPER」】東京はアイス天国
TOKYO CLIPPER
2019.05.09 00:00
GWも終えそろそろ夏になるかな?という陽気の今日この頃ですが、そんな季節に(いやそんな季節じゃなくても?)食べたくなるのが「アイス」。一言でアイスと言っても、様々な種類やトレンドがあります。そこで、いま東京にはどんなアイスが人気があるのか、月刊誌『Hanako』の編集長 田島朗さんにお話を伺いました。
アイスが大好きという田島さんが今気になる東京のアイスは、三軒茶屋にある〈蜷尾家/NINAO(二ナオ)〉。台湾発の人気ソフトクリーム店で、海外に初めて出店したもの。ここでのおススメは「凍頂烏龍茶」。もう一つは、等々力にある〈ASAKO IWAYANAGI PLUS〉。田島さん曰く「ここのお茶のジェラートが絶品」ということで、もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。
『Hanako』ではそんな今気になる”お茶をベースにしたアイス”を2種類作ったそう。まず1つ目は「タピオカウーロンミルクティアイスバー」。タピオカウーロンミルクティ、台湾ではメジャーに飲まれているもので「今ブームのタピオカをアイスにしてみたい」という発想から作られたそうです。2つ目は「抹茶みつまめアイスバー」。濃厚な宇治抹茶アイスに、甘納豆や栗の甘露煮がちりばめられた和風アイス。それぞれ『Hanako』のセンスとこだわりが詰まっています。
「Hanako」は更にスイーツブランドを展開。人気特集「喫茶店に恋して。」がそのままお菓子になりました。「喫茶店といえば本という事で、文庫本をモチーフにしたパッケージにした」というもので、飾っておきたくなるようなデザイン。〈銀座ぶどうの木〉とコラボレーションして東京の新しいお土産を発信していきます。JR東京駅グランスタにオープンしています。
※5月18日までお聴きいただけます

関連コンテンツ