Icon loading md
8381192 full 19c7b32d 3b04 4644 8fcf e6fbd8031a6c
あなたは今どのステージ? 資産を増やすための年代別アドバイス
Forbes JAPAN
2019.05.03 17:00
金は年を取らない。賢い金銭的決断を下すのに遅すぎることなど決してないのだ。

しかし人生では、財務関連の特定の行動にそれぞれ適した時期がある。その時期に適切な決断を下すことで、将来成功を収めることができる。

ここでは財務に関連し、各年齢層で取ることができる最善の行動を紹介する。
20代/基礎を築く
20代に入るときと出るときでは、おそらく全く異なる人生のステージにいることだろう。多くの人は大学時代に20代になり、30代になるときには短くはあるが満足できる職歴を備えているはずだ。

この時期には、たとえ誤った判断をしたとしても回復する時間がある。しかしここで愚かな習慣を身につけてしまえば、それはなかなか消えない。

独立系投資顧問会社、ザ・DBS・カンパニーズ(The DBS Companies)のマネジングパートナー、セオドア・シューマンは「20代は貯蓄を優先し、クレジットカードローンを多く作るなどの危険を避けるべき時だ」と述べた。

この2つをどちらも達成する方法が一つある。それは自分の優先事項と合致し、少なくとも一部を貯蓄に回せるような合理的な予算を作成することだ。ためた分はたとえ少額だったとしても、緊急時の蓄えや、あなたの拠出金にマッチした額を企業が拠出する雇用主の退職金制度(米国の確定拠出年金である401kなど)に回そう。
30代/貯蓄目標を達成する
30代は投資に最適な時期だ。この時期を賢く使えば、金銭的な見返りがある。

以前は少ない金をかき集めて生活していた人も、ここでは貯蓄に専念すべきだ。退職後の生活のため、収入の15%を貯蓄することを目指そう。

資産を成長させる上で最も役に立つ財産は(もちろん、金自体は除き)時間だ。成人してからの20年がとても重要なのもこのためだ。早くから投資を始めることで、複利を通して資産を成長させる時間を持てる。

この時期には、他の目標にも取り組むことになるかもしれない。20代のうちに身につけた節約の習慣が効果を発揮するはずだ。財務的な目標や責任が山積するようになると、自分の価値観に基づいた予算を持つことで優先順位をつけられるようになるだろう。

米資産運用大手ティー・ロウ・プライスの上級ファイナンシャルプランナー、スチュアート・リターは「何がより重要か、あるいは重要ではないかをしっかりと考える時間を早いうちから取るべきだ」と述べた。「大きな家を買うため古い車に乗って節約したり、休暇を取るために小さな家に住むことを受け入れたりすることができる」
40代/現状を評価する
20~30代の間に継続的に貯蓄した人は十分資産がたまっているはずだ。その貯蓄が退職後どれほど持つか分からない場合、退職計算をしてくれるウェブサイトなどを利用すれば貯蓄の進捗についてイメージでき、貯蓄に回す額を増やした方がよいのか、そのままでよいのか、あるいは珍しいケースではあるが元に戻した方がよいのかを知ることができる。

収入の15%を継続的に貯蓄してきた人は、子どもの大学進学費など他の目標に追加で資金を捻出することが楽にできるかもしれない。

また、さまざまな退職用貯蓄口座を持っている人もいるかもしれない。古い401k(確定拠出年金)がいくつかある場合、一つにまとめた方がよいこともある、とリター。「2、3回転職している場合は、大金をどこかに入れて忘れたままにしないように」
50代/可能なうちに追い上げる
米内国歳入庁(IRS)は、退職用貯蓄を思うようにできていない人が多いことを知っている。そのため米国では、50代以上になると税金面で利点のある401kやIRA(個人退職勘定)など退職金口座の拠出金上限額が増加する。

追い上げの拠出金により、毎年401kに6000ドル(約67万円)、IRAに1000ドル(約11万円)追加で拠出できる。これにより2019年の拠出金上限額は、401kが2万5000ドル(約280万円)、IRAが7000ドル(約80万円)となる。

シューマンは「退職用貯蓄に最大限出資していて、それをさらに増やす余裕がある場合、50歳からの追い上げ拠出金制度を活用すればキャリアの最終段階に向けて貯蓄をさらに効果的に増やせる」と述べた。
60代/焦点をシフトする
多くの人は60代で退職する。米調査会社ギャラップによると、米国人の平均希望退職年齢は66歳だ。

この年代では具体的な計画作成が必要だ。かつては漠然としていた目標に焦点が合い始める時だ。いつ退職するのか?仕事を完全にやめてしまうのか、それともパートタイムでの勤務を続けるのか?退職に関する専門家の多くは、健康に問題がない限りパートタイムでの勤務を続けた方が精神的にも経済的にも良いと述べている。

また社会保障の給付金がいくらになるかや、退職金口座からいくら下ろす必要があるのかを理解し、退職後の収入計画を立てる必要がある。米国では、退職年齢に達してから70歳まで、社会保障給付金の受給年齢を1年ずつ先延ばしにすれば、受け取る金額が年間最大8%上がる。

最後に、投資は退職する時点で現金や定期収入に移す必要があると誤解している人は多い。ポートフォリオのごく一部を、より安全ですぐに現金化できる場所に移しておく必要はあるかもしれないが、資産は退職後も成長させる必要がある。ファイナンシャルプランナーの中には、退職後も資産の半分を株式投資に残しておくことを勧める人もいる。
翻訳・編集=出田静

関連コンテンツ