Icon loading md
8371107 full 95107ffe b3cc 466e 950b a2972b3fcbc2
箱の中には美味しさぎっしり!魅惑のクッキー&ビスケット
ippin
2019.05.02 10:30
用途を問わず幅広いギフトにぴったりで、持ち運びやすくて日持ちも長く、誰にでも喜ばれる鉄板スイーツ。それが、クッキーやビスケットといった焼き菓子です。しかも、箱や缶にぎっしり入っているので、蓋を開けた時に得られる幸せ感もポイント。見た目にもこだわった素敵なパッケージのものも多く、今回は知っておくと絶対に役立つ6商品をご紹介します。
わざわざお取り寄せする価値あり!神戸発・パリ仕込みの手作りビスキュイ
 full 02076196 51ee 48bc 9688 33eb82448386
 full d6d37aea 584c 4c33 bf0e 767062def42d
かわいい!でも甘すぎない絶妙なデザインの缶に入っているのは、サクサクと心地よい食感のビスキュイ(ビスケット)。神戸にある「マモン・エ・フィーユ」の商品で、こちらの「フレンチビスキュイ缶」はプレーン、ジンジャー、今年は期間限定でコーヒー味も登場しました。母の手作りスイーツのスピリッツを受け継ぎ、パリのコルドン・ブルーで学んだ技術を使って作られるビスキュイは、一枚食べれば納得の味わいです。そして缶のデザインがおしゃれなこと!かさばらないサイズですが、内側にはビスキュイが隙間なくびっしり詰められています。1枚1枚が手作りで、発酵バターの香るシンプルながら本格的な味わいは、誰かに薦めたくなるはずです。
紹介記事
買わずにはいられなかった! モダンなクッキー缶(中田ぷう)
パリへ旅行する人がいたら頼むべき!「おしおき」という名前の絶品ビスケット
 full b2318bef c3e9 4e7d be24 5a750e8d1a65
 full 12d4401d dd2c 4876 903d 6a42c42268e9
パリの老舗パン屋さん 「POILANE(ポワラーヌ)」は、その味を求めて世界中から人々が訪れる人気店です。とりわけ、知る人ぞ知るフランス土産として熱狂的に支持されているのが、「punitions(ピニュシオン)」と名付けられたビスケット。フランス語で「おしおき」という意味を持つこのビスケットは、創業者のお祖母さんが「おしおき」と言ってはこっそりビスケットを手渡してくれた、というエピソードに由来しているそう。細長い素朴なボックスの中には、ぴったり収まるビスケット。ノルマンディー産のバターをふんだんに使い、シンプルな素材の風味がしっかり感じられます。   
紹介記事
見た目も可愛い!フランス「ポワラーヌ」のビスケット(金川文夫)
ハプスブルグ家が認めた職人が作る本格的なウィーン菓子「テーベッカライ」
 full f6ed02e9 353c 4f24 b3f9 8e75178268b9
 full d4cf81fa efcf 47e5 9cff f77bca521e02
貴族による宮廷文化が発達したオーストリアには、ウィーン菓子と呼ばれるケーキやクッキーがたくさんあります。日本でも本格的なウィーン菓子を作っているお店があり、銀座にあるレストラン「ハプスブルグ・ファイルヒェン」もその一つ。こちらでは、オーストリアの代表的なクッキー3種類を詰め合わせた「テーベッカライ」が人気です。どれもほくっとした食感でしっとりしているのが特徴です。クリーム色の高級感のある缶に入っていて、包み紙に貼られた金色のシールには、ハプスブルグ家の紋章入り。自分へのご褒美や、とっておきの贈り物にぴったりです。
紹介記事
感動のしっとり感!銀座で買える本場のオーストリア系クッキー(中田ぷう)
あの名店へのオマージュ溢れる絶品クッキー!やっぱり美味しい「ロンドの足跡」
 full 1dd27d47 e1c8 449f 97a5 e97013ccc87c
 full c2aaa97d 5825 4bbd bfec cdaaac75b240
神戸夙川の「ミッシェルバッハ」と言えば、幻と言われるほど入手困難なクッキー「クッキーローゼ」が有名です。そんな「ミッシェルバッハ」の現オーナーとパリの「サダハル・アオキ」で出会い、帰国後に「ミッシェルバッハ」で修業した飛松シェフが、横浜でオープンしたお店が「アトリエロンド」です。こちらの看板菓子は「クッキーローゼー」を彷彿とさせるクッキー「ロンドの足跡」。本家がお花の形をしているのに対し、こちらは猫の足跡の形をしています。肉球の部分にはアプリコットジャムやチョコレートクリーム。二つの味わいのクッキーが透明のケースに並んでいます。2014年のオープン以来たちまち人気店となり、今では予約を受け付けてもすぐに販売数に達してしまう人気ぶり。すでに入手困難な状況となっていますが、いつか手に入れることができたら誰に贈ろうか考えるのもまた楽しみですね。
紹介記事
猫好き必見!神戸師匠の教えを忠実に守り抜く『アトリエロンド』の「ロンドの足跡」(水越かをり)
選んで間違いのない安心のブランド「銀座ウエスト」のドライケーキ「ヴィクトリア」
 full f09abcb3 bb37 4951 820c b5b02f81d11d
老舗の喫茶店としても贈答用の焼菓子店としても人気の「銀座ウエスト」。銀座にある本店は夜10時まで営業しているので、「明日の午前中に会う人への手土産はどうしよう?」という時など、とてもありがたい存在です。こちらのクッキーは「ドライケーキ」という商品名でいろんな種類が揃っています。中でも女性に人気なのが、中央に国産イチゴジャムを流し込んだ絞り出しクッキー「ヴィクトリア」。バラ売りもしていますが、お好みの個数を箱に入れて贈り物にすることもできますし、定番商品「リーフパイ」とのセットなど、とにかく詰め合わせのバリエーションが豊富に用意されているのも嬉しいポイント。白い上品なパッケージは、知っている人が見ればすぐに「銀座ウエスト」だとわかります。
紹介記事
迷う必要なし!名前も美味しさも兼ね備えた、とっておきの焼き菓子(野永喜三夫)
その美味しさは大人向き!ワインとの相性を考え抜いた甘くないクッキー
 full 9680c105 1187 4b28 9e10 858c276b25fe
 full 49345e69 0852 4a5a b44f 1eb64ac3c7ce
「アトリエうかい」のクッキーは、ほろほろと口の中で崩れるような繊細な食感が特徴です。クッキー缶「フールセック」は、形や味がしっかり異なる色とりどりのクッキーの詰め合わせですが、スパイスやハーブを使った甘くないクッキーの詰め合わせがあるのをご存知でしょうか。それが「フールセック・サレ」。オニオン、ペッパー、チーズなど、素材の美味しさを活かした塩味のクッキーが、楕円形の缶の中にびっしりと積み上げられています。どれもシャンパンやワインに合うような、フィンガーフードをイメージして作られています。甘いものが苦手な人、ワインが好きな人への贈り物にいかがでしょうか。
紹介記事
缶を空けたら漂うスパイスとハーブの香りがたまらない!アトリエうかいのクッキー缶(菅又亮輔)
ippin編集部

関連コンテンツ