食材の旨みが引き立つ極上の味。2019年4月25日(木)より『蔵出し醤油 海苔弁 とと和くら』にて新商品の販売を開始いたします。
PR TIMES
2019.04.23 09:00
株式会社治元
京都・関西を中心に全国79店舗の飲食店を展開する株式会社治元(京都市中京区、代表取締役社長:木元一良)が、2018年10月11日(木) JR京都駅西口2階「京名菓・名菜処 亰」にオープンした海苔弁専門店『蔵出し醤油 海苔弁 とと和くら』は、2019年4月25日(木)より新商品の販売を開始いたします。
国産にこだわり『本物の味』を追求した逸品。

◆近江米を使用。
美しい水をたたえる琵琶湖をはじめ、豊かな自然に恵まれた滋賀県は米づくりに最適の環境といわれており、
その優れた品質と生産量の多さから滋賀県は"近畿の米蔵"と呼ばれています。
◆赤穂の天塩を使用。
オーストラリア シャークベイの豊かな太陽と風により結晶した「天日塩」を原料として、江戸時代から続く伝統製法(にがりを含む差塩製法)を活かした「赤穂伝統の味」。海の恵みであるにがりが素材の味を引き出し、味わいを深めます。
◆千鳥酢を使用。
創業250余年の歴史を誇る京都の老舗千鳥酢醸造元が造る千鳥酢を使用。米と熟成した酒粕から仕込み、職人の技を駆使して醸造された米酢は甘みがあり、まろやかな口当たりが他のお酢とは一線を画す上品な味わいです。
◆京都の名水桃の井の水を使用。
「桃の井」は京都三名水の一つである梨木神社に湧き出す「染井」と水源を同じくする貴重な湧き水。
水温16度、毎分3トンの水が涌き出ており、京の名水ならではのまろやかな口当たりです。

厳選された国産品を使用し、自然の素材を損なうことなく本物の味を追求しました。
ご自宅用はもちろん、新幹線の中でのお食事や、お土産にも最適です。
素材の旨味を引き出した、至極の逸品を是非ご堪能ください。
【商品名】
 鯖寿司
【販売価格】
 ハーフサイズ/900円(税抜)
 1本/1700円(税抜)

肉厚で脂ののった鯖は、一口味わう度に深みを増します。身の締まりがよく、まろやかで上品な味わいの鯖寿司です。
【商品名】
 焼鯖寿司
【販売価格】
 ハーフサイズ/900円(税抜)
 1本/1700円(税抜)

京都老舗の松野醤油を使用した特製たれに付け込み、黄金色に焼き上げた柚庵仕立ての焼鯖寿司。ふっくらと香ばしい鯖と酢飯、甘辛く煮た椎茸が絶妙な味わいです。


京都と鯖寿司

海に面していない京の都では、日本海から運ばれる海の幸は貴重な食物。
多くの海産物が、琵琶湖の西に立ちはだかる中央分水嶺の山々を越え、はるばる京都に運ばれてきました。
鯖は傷みが速いため塩をして街道を歩いて運ぶと、二日から三日の行程でちょうどいい塩加減になり、この塩鯖を棒寿司にしたのが鯖寿司です。かつて京都の朝廷に海産物を献上していた御食国(みけつくに)である若狭国・小浜から京都・出町柳へ続く道は、いつしか『鯖街道』と呼ばれるようになりました―。
京都の三大祭(葵祭、祇園祭、時代祭)をはじめ、京都では祭りやハレの日には鯖寿司を食べる習慣があり、そうした時代の名残をとどめ、鯖寿司は今も京都の代表的な京料理の一つです。


「蔵出し醤油 海苔弁 とと和くら」について

2018年10月11日(木) JR京都駅西口2階「京名菓・名菜処 亰」にオープンした海苔弁専門店『蔵出し醤油 海苔弁 とと和くら』。オーソドックスな白身フライの海苔弁をはじめ、鰆の西京焼が入った海苔弁など4種類の海苔弁を販売しています。斬新でいてどこか懐かしい味わいの海苔弁をお楽しみください。
「蔵出し醤油 海苔弁 とと和くら」は、観光や出張、帰省などで京都駅に立ち寄る全てのお客様に寄り添うような存在でありたいと考えています。


蓋を開けた瞬間に広がる海苔の香りと、芳しい醤油の風味が身も心も満たす海苔弁

海苔は、上質な黒海苔の中に香り豊かな青海苔が混ざった愛知県産「青混ぜ海苔」を使用。限られた期間に、限られた地域でしか採れない青混ぜ海苔は「幻の海苔」と評され、上質な黒海苔の味と、青海苔の芳醇な香りをお楽しみいただけます。
また、醤油は、文化二年(1805年)に創業以来、今もなお昔ながらの木樽ねかしの蔵で手造りに徹した伝統製法を守り続ける老舗京醤油処「松野醤油」を使用。こだわり抜いた厳選醤油を直前にお客様にかけて頂き、最高の状態でお召し上がりいただきます。
『懐かしい味わいの、海苔弁の王道』
商品名:特(とく)/ 販売価格:800円(税抜)海苔弁のおかずと言えばやはりこれ。手付けの白身魚のフライに、大きなちくわ天、シャキシャキ食感の金平は海苔弁の『三種の神器』と呼ばれています。フライはもちろんタルタルソースにもとことんこだわり、卵と野菜がぎっしり詰まった優しい味に心はほっこり。おかずの次に自然と箸が伸びるのは香り漂う海苔の乗ったご飯。箸は止まることを知りません。
『馴染み深く、旨味が詰まった日本の味覚』
商品名:格(かく)/ 販売価格:1000円(税抜)古くから親しまれ続けている鮭は、噛めばほろりとほどける味わい深さもさることながら皮は旨味に溢れシンプルでストレートな美味しさに顔がほころびます。さらに京の醤油をかけることにより、今までとは違った鮭の旨味を引き出します。
鮭と海苔、海の恵みを存分に味わってください。
『素材が秘めた味を極限まで引き出した西京焼きは京のほんまもん』
商品名:極(きわみ)/ 販売価格:1500円(税抜)
西京味噌漬けとは、海から遠く離れた京の地で、魚を美味しくいただくために生まれた、京都の伝統料理。鰆や味噌など全ての素材に吟味を重ね、手間暇を惜しまず優しい味わいに仕上げました。柔らかい身でいて、こっくりと甘口・薄塩で雅な味わいは、まさに贅を尽くした『京のほんまもん』。
こだわりの醤油とともに、ぜひご賞味ください。
『山椒の香りに包まれた柔らかい鶏肉は素朴でいて、けれど際立つ存在感』
商品名:閃(せん)/ 販売価格:1300円(税抜)
旨味が凝縮した肉厚な国産鶏を山椒とともに丁寧に焼き上げ、冷めても美味しく召し上がれるよう丹精込めて仕上げました。口に入れる前にふわりと香る山椒に食欲は増し、口に入れた瞬間にピリリと爽やかな山椒の辛みが広がります。
箸休めとして京都でお馴染みのちりめん山椒もご用意しました。
また、海苔弁に使用されている松野醤油も店頭にて販売中です。
その他、味海苔、あおさ海苔、ふりかけなどの単品販売、詰め合わせもご用意。大切な方への贈り物にも最適です。
是非、京都駅へお越しの際には『蔵出し醤油 海苔弁 とと和くら』へお立ち寄りくださいませ。


≪店舗情報≫
蔵出し醤油 海苔弁 とと和くら
営業時間:8:30~21:00
住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町(JR 京都駅西口)
TEL:075-746-2502
アクセス:JR、近鉄、市営地下鉄、各線「京都駅」直結

≪会社概要≫
【社名】株式会社 治元
【代表者】代表取締役社長 木元 一良
【所在地】京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル8F
【設立】1983年(昭和58年)
【事業内容】外食事業・FC事業・酒類販売事業・食品販売事業・通信販売事業
【店舗数】国内79店舗/海外1店舗(FC)

あわせて読みたい