Icon loading md
8278566 full 45258878 d6ce 4702 a758 ea0ee19a315c
なんで復活祭はイースターと呼ばれ、卵と兎が出てくるの? | その起源と変遷を徹底解説
COURRiER Japon
2019.04.21 19:00
今日はイースター(復活祭)。世界中でキリスト教のカトリック、イギリス国教会、プロテスタント諸派は、イエス・キリストの復活を祝っている。

だが、その伝統はクリスマスやハロウィン同様、異教文化と融合しながら発展してきた。そもそも、なんで「イースター」と呼ぶのだろうか。卵とかウサギはイエスの復活となんの関係があるのか。

初期キリスト教の専門家が解き明かす──。
イースターも混淆の産物
2019年4月21日、キリスト教徒たちはイースターを祝う。イエスの復活が起こったと言われる日だ。

この祝いの日は年ごとに変わる。変動の理由は、イースターが常に春分後最初の満月のあとの最初の日曜日にかかるようになっているからだ。

というわけで、2020年にイースターが祝われるのは4月12日で、2021年は4月4日となる。

私は初期キリスト教を専門とする宗教学者だが、私の研究した限り、イースターの日取りはこの祝日の込み入った起源にさかのぼり、何世紀にもわたり進化してきたことが見えてくる。

イースターは、クリスマスやハロウィンなどの祝日と同様に、この200年くらいで進化してきたものだ。これらの祝日ではどれも、キリスト教と非キリスト教(異教)の要素が融合しつづけてきた。
春の祭典としてのイースター
おもだった祝日のほとんどは、季節の変わり目となんらかのつながりがある。それがとくにはっきりしているのが、クリスマスの場合だ。新約聖書はイエスがどの季節に生まれたかについてなにも語っていない。

一方で学者の多くは、イエスの誕生が12月25日に祝われるようになったおもな理由は、その日がローマ暦で冬至だったからだと考えている。冬至のあと日が徐々に長くなる様は、新約聖書の「ヨハネ福音書」に記された「世の光」誕生の最良の象徴だ。

イースターの場合も同様だ。太陽年のまた別の要点近くにかかっている。すなわち、春分(3月20日頃)で、昼と夜の長さが同じになる日だ。

北半球に住む人々にとって、春の訪れはしばしば心弾むものだ。冬の寒い日々はもう終わると──。春は冬眠していた草木が息を吹き返し、動物世界に新しい命が生まれる季節でもある。こうした新しい命と再生の象徴を思えば、この季節にイエスの復活を祝うのはごく自然なことだった。

「イースター」という祝いの名前は、キリスト教化される前のイングランドで春の始まりに祝われていた女神エオストレの名にさかのぼるようだ。

この女神は、ベーダ・ヴェネラビリスという7世紀後半から8世紀前半に生きたイングランドの僧の書いたもののなかにのみ出てくる。

宗教学者ブルース・フォーブスが以下のように要約したとおりだ。

イングランドのキリスト教徒がイエスの復活を祝っていた月は、古英語でエオストレという名の女神にちなんだ「エオストレモナト」と呼ばれていたとベーダは記した。

キリスト教徒たちはその祝いにキリスト教的意味を認めはじめていたが、その季節を指すのにその女神の名を使いつづけたのだ。
ベーダはのちのキリスト教徒たちに大きな影響を与えたので、その名前が残り、イースターはイギリス人、ドイツ人、アメリカ人がイエスの復活祭を指す呼び名でありつづけている。
ユダヤの過越とのつながり
英語圏では「イースター」という名が使われているが、ほかの多くの文化圏では「過越(Passover)」と訳されるべき単語で呼ばれている(たとえば、ギリシャ語では「パスカ」)──つまり、ユダヤの過越祭とつながっているのだ。

ヘブライ語聖書(旧約聖書)で過越は、「出エジプト記」に語られたように、ユダヤ民族がエジプトでの奴隷状態から解放されたことを記念する祭りだ。

春分のあとの最初の満月に祝われる過越は、ユダヤ人にとって最も大切な節句だったし、現在もそれは変わらない。

イエスの時代、過越には特別な意義があった。ユダヤ民族がふたたび外国権力(すなわち、ローマ帝国)支配下にあったからだ。

ユダヤ人の巡礼者たちは毎年エルサレムに押し寄せては、神が選ばれた民(自分たちこそその民だと彼らは信じていた)がほどなく、また解放されるようにと願っていた。

ある過越の頃、イエスは弟子たちと共にその祭りを祝うべくエルサレムへ出かけた。彼は凱旋行進でエルサレムに入り、エルサレム神殿で騒動を起こした。これらの行動でローマ人たちに目をつけられ、その結果、紀元30年頃、イエスは処刑されたようだ。

ところが、イエスの信従者たちのなかには彼の死後、イエスが生きているのを見たと信じた者たちがいた。その経験からキリスト教が生まれたのだ。

イエスは過越祭のあいだに死に、その信従者たちはイエスが3日後にその死からよみがえったと信じたわけだから、これらの出来事を過越祭近くで記念するのは論理的だ。
 full 8bf687aa ba1e 4505 85b0 2d6933cbc658
レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」
Photo: Wikimedia Commons
初期キリスト教徒のなかには、キリストの復活をユダヤの過越と同じ日──ニサンの月(3月か4月)の14日頃──に祝うことを選んだ者もいた。こうしたキリスト教徒たちは、「クワルタデキマーニ」(「十四日派」の意味)として知られる。

この日を選ぶことによって、彼らはイエスがいつ死んだかを重視し、ユダヤ教とのつながりを強調したのだった(キリスト教はそもそもユダヤ教から派生した)。

ほかの者たちは、日曜日に祭りをすることを好んだ。イエスの空の墓が見つかったと信じられていたのがその日だったからだ。

キリスト教を擁護したコンスタンティヌス帝は、紀元325年、キリスト教の指導者たちを招集し、ニカイア公会議で重要な論争を解決させようとした。

この決定で最も重大だったのは、キリストの地位に関するものだった。公会議は、キリストを「完全に人間で完全に神」と認めた。

公会議は、イースターはニサンの月の14日でなく、日曜日に固定されるべきだという決議も下した。その結果として、イースターはいま春分後最初の満月のあとの最初の日曜日に祝われているのだ。
イースターバニーとイースターエッグ
初期のアメリカで、イースターの祭りはプロテスタントよりもカトリックのあいだではるかに浸透していた。

たとえば、ニューイングランドの清教徒たちは、イースターとクリスマス両方とも非キリスト教的影響にまみれすぎていて、祝うに相応しくないとみなしていた。そのような祭りは、大酒とどんちゃん騒ぎの機会になりがちでもあった。

両祝日の運は19世紀に変わった。家族と過ごす機会になったのだ。これらの祝日のお祝いをもう少しお行儀良くしたいとの願いもあったようだ。

イースターとクリスマスが家庭の祝日として作り変えられた理由には、子供への理解が変わっていったこともある。

17世紀より前、子供たちが注目の的になることはまれだった。17世紀以降、幼年期はただ大人になるための準備期間でなく、楽しく過ごすべき期間だという認識が強まっていった。この「幼年期の発見」と子供への溺愛が、イースターの祝われ方に重大な影響を与えたのだ。

この祝日でイースターエッグとイースターバニーがとくに重要になったのは、この時点だ。

装飾された卵は、新しい命のわかりやすい象徴として、遅くとも中世時代からイースター祭りの一部だった。

イースターエッグにまつわる民話は山ほどあるし、東欧諸国の多くでは、卵の装飾過程は極めて精巧だ。

いくつかの東欧の伝説では卵が赤くなる(イースターエッグで人気の色)描写が出てくるが、それはイエスの死と復活の出来事と結びつけられたものだ。
 full dcebf016 b4f1 4c3e ba48 eb4c7effb6ce
ポーランド・クラクフのイースターマーケットにて
Photo: Artur Widak / NurPhoto / Getty Images
だが、良い子たちに卵をくれる「イースター野ウサギ」というドイツの伝統が知られるようになったのは、17世紀になってからのことだった。

ウサギは、その驚くべき繁殖力ゆえに長らく春の儀式と結びつけられてきた。

18、19世紀、ドイツ移民たちがペンシルベニアに定住したとき、この伝統を持ち込んだのだ。

気性の激しい野ウサギはもっとおとなしい家畜のウサギに取って代わられるようにもなった。これもまた子供に関心が移ったことを示すものだ。

キリスト教徒たちがイエスの復活を記念してこの祭りを祝う日、イースターバニーとイースターエッグの馴染み深い光景は、この祝日の古の起源がキリスト教伝統の外にあることを思い起こさせてくれる。

あわせて読みたい

8044406 wide 62eddec2 08be 49c7 b1cb 8bf2908e4a45
キッズも楽しめるパーティーレシピ♪イースターバニーアイスの作り方
ARCH DAYS
5114017 1 wide 0a6cd5a2 7cdb 4e70 acdf 874294991778
パーティーや料理「イースター」どう楽しむ?SNS映えするアイディア
Sumai
5041290 1 wide 68814c94 7748 4631 aa30 ab179f969eca
【fromシアトル】イースター気分を味わうには?ハロウィンに続き、今、日本でじわじわブームです
ESSEonline
8268721 wide b5645d5f d1d9 4215 bbba 2db78ea6b79f
たまごとウサギがかわいすぎる!海外の「イースター・ネイル」デザイン集♡
FRONTROW
8260508 wide 59ba72bc 5bb8 4f1d 9c31 5c4eb084e87d
ウサギと卵で可愛く祝うイースター、限定コスメなどギフト商戦も加熱
女子SPA!
3350578 1 wide da693e55 86d6 4851 af88 f3322ff4c3b2 mddciwyknrti9fpow1trd0lcj6j7iqvm
「復活祭」の真実をどれだけ知っていますか
東洋経済オンライン
6340972 wide 21956411 f88b 46ac a2d7 306a0c40d02b
イースターは「エッグシェルケーキ」で祝おう!盛り上がるヒント集
ESSEonline
349832 1 wide d6c3a3a0 ab01 4970 ad00 353e551b3181 o2h3qhiovr6xoiqa98jz4prvnizymq0u
ジョエル・ロブションから、キャラメル&チョコをつめた3色のイースターエッグ限定発売
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
5099608 1 wide afece560 7af0 43fd a7d7 7d1096e6f601
春の到来を祝う、大人かわいいイースターメニュー3選
OTONA SALONE
2705076 1 wide ced39bd0 7b72 4841 ade3 ed3c417bcd1d v6kunirmyxheceikks265ptkn0i2dfbj
ピエール・エルメ・パリのイースター限定コレクション - ウサギ&卵をモチーフにして
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
6213422 wide 9b59bfec 3a06 4303 a069 9b5006854c1e
イースターを思いっきり楽しもう!うさぎとたまごの可愛いパーティー
ARCH DAYS
7997961 wide 77d5dc3b dc1a 441e 9f2c a042423892bb
アメリカではクリスマスよりも重要なイースター!町全体でイベントも開催
mamagirl
900239 1 wide 44371658 e1fc 4206 81a1 390284ee9837 atouvoqrr2kjid1ql8clgiolccm2qiso
フォションから魚モチーフのチョコレート「フォション イースターエッグ」限定150個販売
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
6227565 wide 5a7889a1 e4fe 4b74 a32c a208026d9a4d
イースターで春を祝おう!インスタ映えするパーティーアイデアまとめ
ARCH DAYS[レシピ]