Icon loading md
8265241 full 96ee4e5e e945 458c 980f 13d26cbda2ba
無難なスイーツは通用しない!センスのいいグルメな方に贈りたい高級料亭の手土産
ippin
2019.04.19 21:30
常日頃からデパートを利用しており、話題のスイーツは全てチェック済み。そして、手土産を贈る機会も多い女性への贈り物……。いったい何を選んだらいいか悩みますよね。そんな本物を知る方へは、甘い物より高級感のある老舗料亭の味がおすすめ。手軽に自宅で再現できたり、日ごろの料理に使える利便性の高い商品が喜ばれますよ。今回ご紹介する5つの逸品を参考にしてみてくださいね。
1:ご飯がすすむ!ピリッと山椒をきかせたタケノコ煮
 full 80a1aae1 a2e8 493b be03 386d0d82ab31
 full cb3fa71e 4a56 472c a8a4 1ba4109298aa
京都祇園の『なかがわ』と言えば、新鮮な自然素材の持ち味を活かした佃煮「ちりめん山椒」が知られていますが、実は「たけのこの山椒煮」もその代表となる逸品なんです。主として京都特産(徳島産、国産のときもあり)のたけのこを使用。京料亭の若炊淡口味をベースに昆布、かつお、ちりめんの旨味にピリッと山椒を効かせた味わいです。ほかほかご飯にのせると相性のよさは言うまでもなく、ついついお代わりしてしまうことでしょう。

店名:立鮮調進 なかがわ
商品名:京都祇園 たけのこの山椒煮(お取り寄せ可能)
紹介記事
京都祇園なかがわ 料亭仕込みの絶品京たけのこ山椒煮(戸口明美)
2:あったかご飯にプチッ!熱湯を注ぐだけで料亭の味が完成
 full 6e237e5b 28dc 4ded 815f 0d10e1e31295
 full a65fda5b aa39 434f 804e b95186d897a5
昭和51年に創業した松茸専門店『赤坂松葉屋』。そんな赤坂松葉屋が日本人の味覚に合わせて、料亭の味を身近で楽しめるよう作ったのが「赤坂料亭ごのみお詰合せ」です。「お茶漬」は枕崎産かつおと利尻昆布を使用した味わい豊かなだし茶漬です。「胡麻豆腐」は吉野葛を使用したもっちりとした食感の胡麻豆腐です。「お吸物」は枕崎産かつおと利尻昆布を使用した味わい豊かなお吸物。あつのご飯の上にトロっと乗せて、熱湯を注ぐだけで、日常に贅沢な味わいを楽しむことができます。

店名:赤坂松葉屋
商品名:赤坂料亭ごのみお詰合せ(お取り寄せ可能)
紹介記事
「赤坂料亭のおみや」 気取らず、プチっと、極上のお茶漬を大切な方へ(佐野由美子)
3:のどぐろの風味を封じ込めた白だしで、いつもの味を格上げ!
 full dc16fa17 a516 4c08 b862 1830307290bf
 full dfaaf0e8 520c 410b 9ebb 879f39f82a62
続いてご紹介するのは、新潟県長岡市の老舗料亭『かも川館』の「のどぐろ白だし」です。島根県沖の底曳網漁法で水揚げされた小さな「のどぐろ」を煮干に加工し、北海道利尻産昆布・五島灘のいそしお等、白だしとして必要最低限な副原料で味を整えました。お浸しやうどんつゆなど多彩な料理に使えますが、おすすめは出汁茶漬!熱々のごはんに、鯛や白身のお魚、海苔、三つ葉などを加えて、お湯で稀釈した白だしをかけると…、なんとも風味豊かな味わいです。ぜひお試しあれ。

店名:越後料亭 かも川館
商品名:美味極上 のどくろの白だし(お取り寄せ可能)
紹介記事
冬の晩御飯で体の芯から温まる!料亭かも川館の「のどぐろ白だし」で作るあったかご飯(越乃リュウ)
4:北海道産の希少な「がごめ昆布」を、手軽なふりかけで味わう
 full 5151f8ff 90b0 4372 8d73 5cf79fb538f3
 full 379d1b5a 7c19 43c4 a890 3b1d8f965ad0
京都の老舗料亭『下鴨茶寮』は、日本人の主食である米を引き立てる様々なおかずをラインアップしていますが、今回ご紹介するのは、北海道道南産のがごめ昆布を贅沢に使ったふりかけです。 昆布のうまみはもちろん、その特徴である強い粘りやとろみを活かして、煮物やお味噌汁、麺類などに溶いて特有の粘りやとろみをお楽しみいただくのもおすすめです。ぜひ毎日のお料理にご利用ください。

店名:下鴨茶寮
商品名:料亭の昆布ふりかけ(お取り寄せ可能)
紹介記事
京都の老舗料亭「下鴨茶寮」の贅沢をご自宅で味わう「がごめ昆布ふりかけ」(中村まりこ)
5:スパイス感覚で手軽に使える「粉しょうゆ」で風味をアップ
 full 66971755 c344 4635 b91f 1c1fae5d28ac
 full 2ad2d1e6 3eae 4625 9edb 20792e65d8c1
最後にもう逸品、同じく『下鴨茶寮』の「粉しょうゆ」をご紹介しましょう。250年以上続く香川の名門、宝暦3年創業の老舗醤油舗「かめびし屋」の三年醸造醤油を使用。液体醤油の旨みを凝縮して粉末化し、そこに柚子と一味を加え絶妙にブレンドすることで上品な和の香りを実現しました。天ぷらや冷奴、生野菜にも合い、醤油の使い方の幅がぐんと広がります。レモンとあえて、レモン醤油にアレンジするのもおすすめです。


店名:下鴨茶寮
商品名:料亭の粉しょうゆギフト
紹介記事
お醤油の使い方の幅が広がる!京都「下鴨茶寮」の「料亭の粉しょうゆ」 (有森裕子)
ippin編集部

あわせて読みたい