ダム偏重政策が招いた「肱川大水害」。今こそダム建設継続より肱川の河道改修に全力を投じよ
HARBOR BUSINESS Online
2019.04.05 08:32
肱川大水害、逃げる国交省と愛媛県
 昨年末の第八回以来、著者の転居や日韓軍事的インシデントシリーズの執筆によって連載が止まっていましたが、肱川大水害シリーズを再開します。なお、本記事も配信先によっては画像やレファレンスリンクが表示されない場合がありますので、その際はHBOLのサイトでご覧ください。
 昨年7月7日、肱川水系では、野村ダムより下流約80キロメートル全流域で幹線道路路面から2~5mの浸…

あわせて読みたい

3か月過ぎても復興進まず。平成30年豪雨被災地、肱川水系の現在
HARBOR BUSINESS Online
肱川水害はダム最優先の治水行政による行政資源の配分の失敗の産物
HARBOR BUSINESS Online
肱川大水害は、愛媛県と国土交通省の60年に及ぶダム偏重治水事業「肱川方式」の失敗が招いた災害
HARBOR BUSINESS Online
死者50人を出した倉敷市真備地区の被害の要因!? 高梁川上流・河本ダムの「異常放水」
HARBOR BUSINESS Online
ダムを境に被害が分かれていた肱川大水害。復興進まぬ肱川水系調査で判明
HARBOR BUSINESS Online
豪雨が来たら気をつけたい。専門家が選ぶ「危険なダム ワースト10」
HARBOR BUSINESS Online
千曲川の台風被害は、「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策が招いた”人災”
HARBOR BUSINESS Online
ダム操作のルールに固執して事前放流せず、「確信犯的な殺人だ」と住民怒りの声
HARBOR BUSINESS Online
川辺川ダムが建設されていたら災害は防げたか~九州豪雨
ニッポン放送 NEWS ONLINE
真備町浸水、50年間棚上げされた「改修計画」
東洋経済オンライン
東京の「大水害」いつ起きてもおかしくない実状
東洋経済オンライン
多摩川氾濫はやはり「人災」だ、忘れられた明治・大正・昭和の教訓 - 情報戦の裏側
ダイヤモンド・オンライン
三峡ダムでは対処しきれない… 米紙が中国の洪水被害を報道
COURRiER Japon
中国500年の治水に代わる新しい「海綿城市」構想とは? | 三峡ダム的な治水では悪化する都市の浸水に対処できない
COURRiER Japon