ちょっと背伸びしたいときはこれで決まり!みんなから愛される落ち着きのある和菓子
ippin
2019.04.02 21:30
春先は、取引先などにご挨拶に伺う機会がなにかと多い季節です。ですが、相手がどんなものが好みか情報がないケースが多く、何を手土産に持っていけばいいのか悩んでしまいますよね。そんな時には、カジュアルなクッキーな詰め合わせで無難に済ますよりも、落ち着きのある和菓子がおすすめ!今回は、どんな方にもきっと喜んでもらえる和菓子を集めました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
バランスの良い優しい甘さ。『諸江屋』の生落雁「濃茶楽雁」
諸江屋の「濃茶楽雁」は、加賀藩への献上抹茶を使用した生落雁で、中には上質な粒餡が入っています。一口食べれば、甘さとほんのりとした苦味が広がり、しっとりと柔らかい食感と口当たりはどんな年代の方にも喜ばれるでしょう。「濃茶楽雁」は石臼図案の型で作られており、包装紙には昔の金沢の地図が描かれています。ほうじ茶や棒茶に合うように作られているそうですが、ハーブティとの相性も良い逸品です。

ブランド名:落雁諸江屋
商品名:濃茶楽雁(お取り寄せ可)
紹介記事
甘さの中にほんのりした苦味。江戸時代から続く金沢・諸江屋の「濃茶楽雁」(高橋香葉)
美味しいお味と美しいフォルム!『虎屋』の小型羊羹
老舗『虎屋』の小型羊羹は、個包装で片手で手軽に食べられるサイズが手土産にもぴったり。定番の「夜の梅」や、白豆を使った「はちみつ」味など、様々なお味はそれぞれ風味はしっかりしているのに自然な香り、というバランスが素晴らしいんです。丁寧に練り上げられている羊羹にしか出せない美しいフォルムと、愛され続けるお味は、どんな方にも喜ばれる老舗のならではのお味です。
紹介記事
グローバルな老舗!挑戦し続ける「とらや」の美学 (小倉朋子)
みんな笑顔になれる上品で洗練された最中『甘音屋』の「笑美玉」
『甘音屋』の「笑美玉」は、その名の通り、蓋を開けた瞬間、思わず笑顔になってしまう丸い最中です。中のフレーバーあんは、小豆、フランボワーズ、抹茶、柚子、ラムネ、レモンの6種類。緑茶にも、コーヒーにもぴったりなので、和菓子好きにも洋菓子好きにも喜んでいただけることでしょう。最中のようにプレスされたお箱も、スタイリッシュでお上品。貰った方がきっとみんな笑顔なれる、上品で洗練された逸品です。


ブランド名:甘音屋
商品名:【1日10セット限定】笑美玉 えみだま (お取り寄せ可)
紹介記事
笑顔を誘う、愛され上手なカラフル最中『甘音屋』さんの「笑美玉」 (Halca)
日本三大まんじゅうのひとつ!『大手饅頭伊部屋』の「大手まんぢゅう」
日本三大饅頭のひとつ、『大手饅頭伊部屋』の「大手まんぢゅう」は、あんが透けるほど薄い皮で包まれたおまんじゅうです。夜空に浮ぶ霞雲のような見た目の美しさに加えて、なめらかなこしあんはしっかり甘く、絶妙な甘さで決してしつこくありません。口入れたときに甘酒の芳醇な香りが美味しさを引きたてる、艶やかなおまんじゅうです。厳選された素材で昔ながらの製法で作られた、伝統ある逸品です。


ブランド名:大手饅頭伊部屋
商品名:大手まんぢゅう(お取り寄せ可)
紹介記事
甘酒の香りが美味しさを引き立てる薄皮が艶やかな岡山名物『大手まんぢゅう』(梅津貴宏)
爽やかな酸味と上品な美味しさが人気!『菓游 茜庵』の「一口菓 詰合せ」
『菓游 茜庵』の「一口菓 詰合せ」は、ゆうたま、和三玉、丸わさんの和三盆、抹茶が入った詰め合わせです。ゆうたまは、『菓游 茜庵』を代表する「錦玉」を用いたお菓子です。ひとくちお砂糖の殻を齧ると、甘酸っぱさが口の中に広がります。四国全土から集められたこだわりの素材で作られた、宝石のような和菓子です。女性が多い職場でも、喜ばれること間違いなしの逸品です。
紹介記事
お好きなものをお好きなだけ召し上がれ!『菓游 茜庵』の「一口菓 詰合せ」(福田美保)
ippin編集部

あわせて読みたい