「日本一愛される鉄道」が直面する10年後の運命
東洋経済オンライン
2019.04.01 08:00
観光列車に乗って窓の外に目を向けると、地元住民が手を振ってくれていたり、駅ではボランティアがゆるキャラでお出迎えしてくれたりすることがある。多くは乗客の気分を盛り上げるための自発的な行動だが、鉄道会社に頼まれて行っているという例も少なくないようだ。そういう微妙な空気は乗客の側でも伝わる。

しかし、この日の地元の歓迎ぶりは、ほかのどんな列車の沿線よりも熱気に満ちていた。2011年の東日本大震災で被…

あわせて読みたい