Icon loading md
8126889 full 1945e214 a7db 4328 8b91 6687f4e7031f
その美味しさ認めざるを得ない!栄養補給にもなる「ちりめんじゃこ」
ippin
2019.03.31 10:30
カルシウムやタンパク質などの栄養価が豊富で、噛めば噛むほど旨味が口いっぱいに広がる「ちりめんじゃこ」。生で獲れたてをいただくのも美味しいものですが、鮮度が高いうちに釜揚げしたり、あつあつのご飯とよく合うふりかけにしたり、その楽しみ方はいろいろ。その小ささから、パラパラとトッピングしたり、混ぜたり、手軽に扱えて栄養にもなる優秀な食材とも言えます。そこで今回は、そんな「ちりめんじゃこ」を使った個性的なアイテムをご紹介。ちりめんじゃこの魅力を余すことなく引き出した5品を集めてみました。
白さと身の柔らかさにこだわり!静岡生まれのご当地缶詰「釜揚しらす」
 full 0209d85b 31a9 45de a5c1 347a403bb5f9
 full c1e89598 bd32 4c07 b2ef 508e55ff5d70
 full f2bdddbc 280b 4579 8904 8dd6b3f31dac
釜揚げしらすといえば冷蔵や冷凍品が一般的ですが、ここでご紹介するのはなんと缶詰。常温での保管が可能で賞味期間は2年間。静岡のご当地缶詰として2018年4月に登場したばかり新製品です。木の枡をモチーフにしたパッケージも個性的で、缶を開けると汁はほとんどないドライタイプ。白くふっくらした釜揚げしらすが詰まっています。保存料は不使用、ほどよい塩気が利いているので、そのままでもごはんのおかずとして楽しめます。
紹介記事
釜揚げしらすも缶詰で!執念が生んだふわっと柔らかい静岡釜揚しらす缶詰(黒川勇人)
新感覚!ちりめんじゃこ×ナッツ×ドライフルーツが絶妙に絡み合う
 full e7221c75 147b 4b41 b67b 4794550882b7
ちりめんじゃこ、ナッツ、そしてドライフルーツを絶妙のバランスで使い、作られているのがこちら「料亭のちりめんナッツ」です。甘辛の出汁餡を絡めて丸めた一口サイズ。和風とも洋風ともちょっと違う現代風のビジュアル。しっとりとした風合いでありながら、食感は子気味良くパリッとしています。噛むほどに、ちりめんじゃこを始めとする食材の風味や香ばしさが口に広がります。京都にある人気の料亭「下鴨茶寮」のオリジナル商品で、京都土産としてはもちろん、お取り寄せも可能です。

ブランド名:下鴨茶寮
商品名:料亭のちりめんナッツ8個入(お取り寄せ可)  
紹介記事
ちりめんじゃこ×ナッツ×ドライフルーツ!?老舗料亭が作った新感覚フードギフト(松田龍太郎)
パスタやサラダとも相性抜群なごはんのお供!鎌倉で見つけた「じゃこふりかけ」
 full 22de862f a562 4ce6 8b9e 4783103fab5e
 full 138ac610 b42f 4591 b7da cea1513b481d
どことなく上品で、落ち着いた空気の流れる鎌倉は、散策も楽しい人気の観光地です。ちょっとした裏路地にお洒落で洗練されたお店が点在していますが、「鎌倉とも乃」もその一つ。こちらは、「じゃこふりかけ」をはじめとする“ご飯のおとも”の専門店。藻塩を使った「生姜ひじき」は、あたたかいご飯にのせると磯の香りが沸き立ちます。そして、じゃこを使ったふりかけもあります。「柚子胡椒」はピリッとした胡椒の味わいとじゃこの食感がクセになる美味しさ。生姜とじゃこのシンプルなコラボレーションを楽しむ「しょうが」など、単なる「ふりかけ」とは一線を画す、上品で個性的な味わいが揃っています。
紹介記事
じゃこふりかけの専門店「鎌倉とも乃」のふりかけは、これ以上ない上品さ(嶋啓祐)
じゃこと生姜の黄金コンビがオリーブオイルの具になった!「食べるオリーブオイル」
 full cfb50124 2027 43fa 85ef 1a53c645a67b
 full 012b78cc 0f03 4645 a1d5 dc5d72532c10
福岡にあるオリーブオイル専門店「オリオサント」の食べるオリーブオイル「おときちのオリーブオイルなしょうがじゃこ」。おときちさんとは「しょうがじゃこ」を作っている人の名前で、オーナーの知人のお父さん。小ぶりで上質なじゃこに生姜、ゴマがたっぷり使われていて、瓶を開けたら最後、すぐに食べきってしまうほどの魅惑的な味わいなのだとか。和でも洋でもいけるのがポイントで、和のメニューなら、あつあつのご飯、冷奴、おにぎり、焼き飯など。洋のメニューならバケット、パスタやピザ。いろいろなバリエーションが楽しめます。
紹介記事
食べるオリーブオイル!?和にも洋にも大活躍の「しょうがじゃこ」(裏地桂子)
インパクトのあるお抹茶色の「じゃこ山椒」!京都らしい上品で繊細な味わい
 full b629a4c2 2053 4f5f b9fd 5545e9a8c7f6
 full 0137f172 5ce0 48e5 b72b b9e55d2ae1b1
京都の松ヶ崎にある「たけのうち」のじゃこ山椒は、鮮やかな緑色。京都ならではの抹茶が使われているのが特徴です。徳島や鹿児島産の細かいシラスに、黒実山椒と京都名産の抹茶。着色料や保存料は未使用なので、お子さんからお年寄りまで安心して食べられます。温かいご飯にたっぷりのせると、抹茶の香りがほのかに漂います。もちろん山椒の良さであるピリッとしたシビれも程よく感じられ、上品で繊細な味わいに仕上がっています。
紹介記事
緑色のじゃこ山椒?―京都松ヶ崎・たけのうちの「抹茶味」(菅野夕霧)
ippin編集部

あわせて読みたい