Icon loading md
8119844 full c8e07bc6 38b2 453b bf0b 5dea96fc9a53
優美でエレガント! 知られざる白いおやつを求めて
SPUR.JP
2019.03.29 00:30
その佇まいに、目も心も奪われてしまう……。そんな不思議な魅力を持つ、白いスイーツ&和菓子をSPURのインスタグラムで発見。白銀の山を思わせるイタリア版モンブランから、ギフトに最適な銘菓まで。美しくもおいしい、白いおやつが大集合!
“登頂”するのがもったいない!? ラトリエ モトゾーの「モンテビアンコ」
 full c0498ff0 c60a 4b4b 906c c5fee5111e08
池尻大橋にあるイタリア菓子の名店「ラトリエ モトゾー」で編集Uがときめいたは、イタリア版モンブラン。“白い山”の意味を持つこちらは、マロンクリームで覆われた仏版のそれとは異なる繊細な赴き。構成はほぼクリームなのに、どれもこれもが繊細で上品でなんとも軽やか。サクサクのメレンゲの土台と、雪のような生クリーム、そのなかにある風味豊かなマロンクリームとの相性も申し分なし。 >詳細はこちら
リピート必至の白い和菓子。KITAYA 六人衆の「塩大福」
 full d5508581 511f 4917 b22b e6fb32be5180
“白い和菓子”の代表選手といえば大福。老舗から町の個店まで、東京にあまたある大福のなかでおすすめしたいのが、老舗和菓子店「喜田家」がプロデュースした新しいブランドのもの。ふわんふわんのお餅のなかに、ずっしり詰まったつぶあん。しょっぱさと甘さが見事に融合した味わいは、クセになること間違いなし。木曜限定の週に1回しか登場しないので、見つけたら迷わず手に入れて。 >詳細はこちら
平成最後のティータイムには、ノスタルジックなレアチーズケーキを。珈琲貴族エジンバラの「レアチーズケーキ」
 full 4f9585ff 9809 4891 9bdb 8cfa022bb2c5
“平成最後”ブームの余波を受け、懐古ムードに浸りながら味わいたいのが、長年新宿で愛されている喫茶店「珈琲貴族エジンバラ」のレアチーズケーキ。“ずっしりどっしり”なチーズケーキがメインストリームを闊歩する今、柔らかくなめらかな舌触りがかえって新鮮。いわゆるアレとコレが混ざり合って~というような小難しくない味わいに安心感さえ感じるかも。これも当時の余裕がゆえ!? 何も考えずゆっくり休憩したいときにぜひ。 >詳細はこちら
ギフトに最適! 美しい、白い銘菓。開運堂の「白鳥の湖」
 full c192b3b2 9508 4914 9563 ae606ed837f8
とある日、手土産でいただいたのが、信州・松本の銘菓、開運堂の白いお菓子。繊細なソフトクッキーには可愛らしい白鳥が型押しされている。繊細にほろほろと崩れていく食感と、優しい甘みはまるで落雁のよう。包みに描かれている、柳沢健さんによる水彩画も美しい。取り寄せもOKなので、ギフトはおもたせに覚えておきたい一品。
>>エディターが発見したあれこれを日々発信! SPURのインスタグラムはこちらより

あわせて読みたい