【アイヴァン】見城徹「眼鏡は自分を加速させるスイッチ」 ~男を起動させる眼鏡#1
GOETHE
2019.03.25 11:30
1972年の設立以来、一貫して日本(福井県・鯖江)製の高品質なアイウエアを生み出し続ける「EYEVAN」。その眼鏡をかけた熱き男たちを写真家・繰上和美が撮り下ろす連載がスタート。
PERSON 01
幻冬舎代表取締役社長
見城 徹見城が装着する眼鏡は、EYEVAN「webb」¥27,000学生時代からずっと自分自身にコンプレックスを抱いていたという見城。特に鼻の低さは大きな劣等感のポイントだったと…

あわせて読みたい

【アイヴァン】鈴木亜久里「久々に出合った感性を刺激するデザイン」 ~男を起動させる眼鏡#4
GOETHE
【アイヴァン】藤田 晋「肩肘張らず眼鏡スタイルを楽しむために」~男を起動させる眼鏡#18
GOETHE
【アイヴァン】高橋幸宏「ジンクスとしての眼鏡」 ~男を起動させる眼鏡#2
GOETHE
【アイヴァン】千住 明「分野を越えたチャレンジを続けたい」~男を起動させる眼鏡#7
GOETHE
【アイヴァン】奥田瑛二「本式のアイテムにはつけるべき『齢』がある」~男を起動させる眼鏡#6
GOETHE
【アイヴァン】菊池武夫「偉人達が見せた確固たる美意識に惹かれて」~男を起動させる眼鏡#5
GOETHE
【アイヴァン】松浦勝人「絶妙な距離が取れるカラーレンズの妙」~男を起動させる眼鏡#15
GOETHE
【アイヴァン】小山薫堂「愛され力のある鼈甲フレームの眼鏡」~男を起動させる眼鏡#19
GOETHE
【アイヴァン】長嶋一茂「目の健康を第一に考えて」~男を起動させる眼鏡#9
GOETHE
【アイヴァン】秋元康「眼鏡はなじませつつ自分のものにするもの」~男を起動させる眼鏡#10
GOETHE
【アイヴァン】近藤太香巳「興味やシーンの切り替えに眼鏡こそ有効」~男を起動させる眼鏡#17
GOETHE
【アイヴァン】西山知義「老けて見られない独自の眼鏡選び」~男を起動させる眼鏡#16
GOETHE
【アイヴァン】熊谷正寿「身近な習慣こそ人生の質を向上させる鍵」~男を起動させる眼鏡#14
GOETHE
【経営者対談】ジャパネット・髙田旭人と幻冬舎・見城徹が惚れ込んだ奇跡のトレーニングとは?
GOETHE