安い肉でもワインをふんだんに使って、おいしく煮込むのがフランスのマダムのスペシャリテ――ピエール・フリジャン(シェ・ピエール店主)
クロワッサンオンライン
2019.03.25 07:45
1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、老舗ビストロのおいしさの秘密に迫りましょう。 文・澁川祐子 1978年4月号「いま話題 ビストロ料理のコツを公開します。」より 安い肉でもワインをふんだんに使って、おいしく煮込むのがフランスのマダムのスペシャリテ――ピエール・フリジャン(シェ・ピエール店主) 気軽…

あわせて読みたい

イタリアの料理は土地によって色が違う――編集部
クロワッサンオンライン
分量の狂いは失敗のもと――豊田譲治(ホテル・グランドパレス調理課長)
クロワッサンオンライン
時々、死んだ人々が昨日まで生きていたように懐かしくなる――F・トリュフォー(映画監督)
クロワッサンオンライン
お菓子でも料理でも本をみているだけじゃ、いつまでたってもダメ――水野真紀(「トライアングル」店主)
クロワッサンオンライン
割ることを恐れて使うより、安くても口当たりのいいものを買って、毎日よく使うこと――入部隆司(レストラン「シェ・フィガロ」主人)
クロワッサンオンライン
マジックなんです、料理ってのは――豊嶋森太郎(竹亭店主)
クロワッサンオンライン
広い視野で女性が自らのことを考える時、女は知的になる――編集部
クロワッサンオンライン
1足す1はいつも2です。これを認めないと幻滅するだけ――ジャンヌ・モロー(女優)
クロワッサンオンライン
レシピーどおり作りゃそれでいいってもんでもないだろ――小野正吉(ホテルオークラ調理部長)
クロワッサンオンライン
人生が私を導いてくれるのです――シモーヌ・ベイユ(政治家)
クロワッサンオンライン
料理とは、すばらしい地の糧を反映する一つのハーモニーでなければいけない――ジャン・バティスト・トロワグロ(メゾン・トロワグロ創設者)
クロワッサンオンライン
まず初めにいい物を見ることなんですね――辻清明(陶芸家)
クロワッサンオンライン
一口に足っていったって寸法はかってみると、鼻の形が違うように、みんな違うのよ――荒井義雄(「めうがや」主人)
クロワッサンオンライン
遅すぎるということは決してないし、老いすぎるということも決してない――ソルヴェイグ・A(室内装飾家)
クロワッサンオンライン