Icon loading md
8077312 full 3fab881f a825 4a5e a9e2 f7b842b1d9b7
ピナ・バウシュ亡き後の次なる巨匠、ディミトリス・パパイオアヌーが初来日。代表作『THE GREAT TAMER』を埼玉・京都で上演
美術手帖
2019.03.24 08:00
 ディミトリス・パパイオアヌーが手がけるダンス公演『THE GREAT TAMER(偉大なる調教師)』が、日本に初上陸。彩の国さいたま芸術劇場、ロームシアター京都の2会場で上演される。 パパイオアヌーは、1964年アテネ生まれの演出・振付家。画家やマンガ家として活動したのち、86年に自身のカンパニーを設立。自身のルーツであるギリシャの神話・彫刻に現代アートや身体表現を接続し、唯一無二の舞台芸術をつ…

あわせて読みたい