Icon loading md
8073360 full 134be911 3eed 40b8 9e98 28ab1300b87a
少し先の未来のために。アラサー女子が今、きっちりやっておくべきこと
リンククロス ピンク
2019.03.27 18:00
これまでとライフスタイルが変わる30代。転職、引っ越し、結婚、妊娠、出産…、さまざまな人生の転機が訪れ、その度に悩んだり、笑ったり。目まぐるしいほどいろいろなことが起こります。せわしなく過ぎていく日常の中で、ふと立ち止まって考えたいこと。この先の人生のためにやっておきたいのが、そう、乳がん検診です。30代になると発症率が増えるとも言われているこの病気のこと、今から少し考えてみませんか?
早期発見が鍵に?アラサーなら乳がん検診を
8073360 klcfvrda full b52eab77 b839 4c83 a9aa f2e9f13f43dc
ひと昔前と違って、30代で結婚や出産を経験する女性が増えている現在。「いつか子供をもちたい」と願うアラサー女子が、今、率先して行っているのが、ブライダルチェックやプレママ検診だそう。これは、血液検査、性感染症検査、女性ホルモン分泌検査をはじめ、赤ちゃんに感染する病気の有無などを調べるヘルスチェックのこと。
価格や検査内容は、医療機関によってさまざま。子宮頸がんや乳がんといった女性特有のがん検診が受けられるプランもあり、自分自身の健康のためにも、将来生まれてくる赤ちゃんのためにも、一度は受けておきたい検診のひとつです。

中でもぜひ受けておきたいのが、乳がん検診です。乳がんは30代後半から発症率が増加傾向にあり(※)、アラサー女子にとって決して他人事ではありません。一方で、その他のがんと比べて予後がよく、治る確率が高いと言われている病気でもあります。
乳がんのステージ(病期)は「しこりの大きさや乳房内での広がり具合」「リンパ節の転移状況」「他の臓器への転移の有無」によって分類されます。ステージ 0期からステージIV期までの段階に分かれ、転移や再発はほとんどない「非浸潤がん」と呼ばれる0期や、しこりの大きさが2cm以下のI期の早期がんだと、その多くが完治すると言われているそう。だからこそ、早期発見がとっても大切!加えて、乳がんの進行を防ぎ、完治の可能性を上げるため、乳がん検診が重要なのです。
(参照:リンククロス ピンク「乳がん症状の特徴とは?早期発見のためにできること」)
「エコー」と「マンモグラフィ」の合わせ技がおすすめ
8073360 rgqbgypx full 954f3eaa 2bec 4713 9010 de93dc0f817a
アラサー女子だったら、「エコー検査」や「マンモグラフィ検査」といった言葉は一度は耳にしたことがあるのでは?乳がん検診の一種ですが、実際にどんなことを行っているかはよくわかっていないという人も多いはず。実は、年齢や体調によって必要な検査は、人それぞれ。まずは検査の種類を知って、検診に備えましょう。

<問診・視触診>
乳房にしこりや変形、陥没、分泌物があるかないかを、医師が問診、視診、触診でチェック。所要時間はおよそ5分。体への負担は少ないものの、しこりが小さい場合や深い位置にある場合は、判別することができないのがデメリット。とはいえ、日常で感じている胸の不安な点を、医師に直接相談できるのは大きなメリットになるでしょう。

<エコー(超音波)検査>
超音波検査用ゼリーを乳房に塗り、エコーを出す「プローブ」という器具を直接乳房に当ててさまざまな方向に滑らせ内部の画像を映し出していく検査。手で触れることのできない小さなしこりも発見することができます。病変に伴うことがある微細な石灰化(カルシウム成分)は発見しにくいけれど、所要時間は10分程度で検査に伴う痛みもなく、妊娠中や授乳中の女性も検査が受けられます。

<マンモグラフィ検査>
2枚の透明な板で乳房を挟んで圧迫し、薄くのばした状態で撮影します。特徴は、しこりや視触診やエコー(超音波)検査では見つけられない微細な「石灰化(カルシウム成分)」も発見できること。一方、乳腺が発達している乳房だと、小さなしこりを発見しづらいという欠点もありますが、乳がんによる死亡率を下げる(早期発見できる)効果があると言われています。

それぞれメリットとデメリットのある乳がん検診ですが、乳腺組織が多い30代の場合、マンモグラフィ検査があまり有益でないケースもあるので、その場合はエコー(超音波)検査を優先して選ぶと良いと言われています。ただし、妊娠中・授乳中の方など、乳がん検診を受けるときに注意が必要な人もいます。検査の間隔や方法については医師と相談してください。
日本人女性の約11人に1人(※)がかかると言われている乳がん。発症率が高まる30代だからこそ、パートナーや赤ちゃん、そして何より健やかな未来を過ごす自分のために、乳がん検診を考えておきたいもの。
そして最近では、乳がんなど女性に多いがんを手厚く保障した保険も登場しているのだとか。いざという時も、健康な時も、2つの柱で女性をサポートしてくれるような保険を検討しておくのもおすすめです。

※出典:国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録・統計」
リンククロス ピンクは、おっぱいにまつわる悩み・不安を解消するための情報をお届けします。乳がんの早期発見・万が一の保障・罹患後のケアまで、胸をはって生きる女性をトータルにサポートします。(運営会社:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)