NZテロをなぜ遺族は許したか──トルコ大統領が煽る報復感情との比較から - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序

Newsweek
2019.03.22 12:30
・トルコのエルドアン大統領はクライストチャーチのモスク襲撃事件をトルコやイスラーム世界に対する攻撃の一部と位置付け、欧米諸国への批判を強めた

・エルドアン大統領の言動は事件を政治的に利用しているだけでなく、危険かつ不公正という点で、ほとんどのムスリムよりむしろ白人右翼テロリストに近い

・さらに、ただ報復感情を煽ることは、犯人を「許す」と述べた犠牲者遺族に寄り添うものでもない


クライストチャ…

あわせて読みたい

トルコ大統領、NZ乱射事件の映像を選挙集会で流す NZ政府は強く批判
AFPBB News オススメ
テキサス銃撃を「テロ」と認めた米当局──日本も無縁でない「身内のテロ」 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
吉岡里帆も絶賛! 今知っておくべき人気漫画ブロガー まめきちまめこさんの世界観に迫ります。
UR LIFESTYLE COLLEGE
【スリランカ】IS犯行声明は「次」の導火線になるか―パリから学べること - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
シリアIS占領地消滅でアルカイダは復活するか──3つの不吉な予兆 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
カローラクロスで磨かれた個性が車体を彩る。段ボールアーティスト・島津冬樹と巡る宮城〜山形
antenna*
トルコ大統領の怒りの裏にある、知られざるトルコとNZの歴史問題 - 楊海英 ユーラシアウォッチ
Newsweek
謎多きスリランカ同時多発テロ──疑問だらけの事件を振り返る - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
キャンプの主役は美味しいご飯!家族や仲間とより一層楽しむためのキャンプ飯をプロが伝授!
antenna*
アルジェリア大統領失脚──体制打倒を求める抗議デモとアメリカの微妙な立場 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
NZ政府、モスク銃乱射の犠牲者悼み国家追悼式典開催へ
AFPBB News オススメ
「スターバックス® ブラックコーヒーショット」でオンタイムが豊かになる理由
antenna*
「アラブの春」再び? 中東で広がる抗議デモの嵐 - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
なぜ日本では「世の中への報復」がテロではなく通り魔を生むか - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
人気漫画家、アーティストたちの個性がすごすぎる!「THE ART OF COROLLA CROSS」
antenna*
世界が直面する核の危機──印パ和平を阻む宗教ナショナリズムとは - 六辻彰二 塗り替わる世界秩序
Newsweek
NZ銃乱射事件、死者50人に 現地警察
AFPBB News オススメ
カッコイイ大人を目指す諸君だけに知っていてほしいスプマンテがある。
MARTINI
51人死亡のNZ銃乱射、被告が全面無罪主張
AFPBB News オススメ
「脳死」なのはマクロン氏… トルコ大統領が痛烈批判
AFPBB News オススメ