我々の弱点を前提として、民主主義を「改善」することはできないだろうか - 八田真行 世界拾い読み
Newsweek
2019.03.11 17:50
<近年の行動経済学や認知心理学の発展は、人間の思考が偏っていて扇動に引きずられてしまいがちであることを明らかにしたが、そろそろ民主主義のあり方を真面目に議論すべき時期に来ているのではないだろうか>

イギリスの元首相ウィンストン・チャーチルは、民主主義に関して有名なコメントを2つ残した。よく知られているのは1947年に議会で演説した際の、「民主主義は最悪の政体と言える。これまでに試された他の全ての…

あわせて読みたい

サンダースを熱狂的に支持する若者たちは、民主主義を信じていない
Newsweek
そもそも有権者にまともな意志決定能力がないのではないのか? という調査 - 八田真行 世界拾い読み
Newsweek
国民投票か、間接民主制か? 理想の選挙制度を探して
Newsweek
インターネットで政治は変わる? 海賊党・欧州議会議員と考える「液体民主主義」の可能性
Newsweek
本来的にどうしようもなく偏っている我々の一票がなす民主主義の意味 - 八田真行 世界拾い読み
Newsweek
死に瀕する民主主義。一人ひとりが民主主義を守る自覚を ~『民主主義の死に方―二極化する政治が招く独裁への道―』書評
HARBOR BUSINESS Online
トランプ大統領の誕生 ノルウェーにもいる、静かなる支持者
Newsweek
ヒラリー勝利のキーマンになるのは誰だ
Newsweek
参院選は民主主義を再生する機会になったか?「ポピュリズム元年」に民主主義のためにできること
HARBOR BUSINESS Online
エリートは無知な大衆に立ち向かえ
Newsweek
トランプにここまで粘られるアメリカはバカの連合国
Newsweek
あなたに「多数決」を使う覚悟はあるか? 経済学者・坂井豊貴の「コンドルセの多数決論」
WIRED
英国民は「ロシアンルーレット」で離脱選んだ
東洋経済オンライン
中間選挙で民主党がオバマに頼らざるを得ない理由
Wedge[国際]