アメリカ経済は日本が目指すべき手本なのか
東洋経済オンライン
2019.03.11 07:30
「GAFAの躍進著しいアメリカ経済の繁栄に比べ、1990年代初めにバブルが崩壊してから日本経済は低迷が続いている」、という声をよく聞く。だが、はたしてアメリカ経済は日本が目指すべき手本なのだろうか。

国際比較によく使われる米ドル建ての名目GDP(国内総生産)でみると、日本の経済規模は1995年にはアメリカの7割程度だったが、2017年には3割を大きく下回って約4分の1程度となっている。1人当たり…

あわせて読みたい

数十年ぶりに正常化しつつある日本の雇用 - 野口旭 ケイザイを読み解く
Newsweek
「コロナ不況」対策として、有志が「国民1人あたり20万円」の支給を財務省に申し入れ
HARBOR BUSINESS Online
なぜ「構造改革論」が消えたのか - 野口旭 ケイザイを読み解く
Newsweek
「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす - 加谷珪一 経済ニュースの文脈を読む
Newsweek
日本の生産性の低さは計測方法に問題あり
Wedge[企業]
「安倍3選後」に日本経済を覆う「3つのリスク」
東洋経済オンライン
アメリカの株価はもう一度下落へと向かう
東洋経済オンライン
プラザ合意から33年、1985年は何だったのか
東洋経済オンライン
米中新冷戦の間で、存在感を失った日本が生きる道とは?<野口悠紀雄氏>
HARBOR BUSINESS Online
日本ゼロ成長、中国6%成長が続いたら、2025年に何が起きるか
現代ビジネス
中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態
現代ビジネス
GDP大幅マイナスに肺炎騒動の追い打ちで[新型コロナ]大量倒産の危機!
HARBOR BUSINESS Online
消費税増税による消費低迷が長引く理由 - 野口旭 ケイザイを読み解く
Newsweek
日本人は自国の豊かさの現実をわかっていない
東洋経済オンライン