Icon loading md
7975066 full c44504dc 1e76 4ff2 8fae 60b8d995c24d
勇気をくれる相棒と、春に飛び出そう。いつもそばに、エナジャイズ・バッグ
SPUR.JP
2019.03.10 11:00
新しい季節をともに過ごす、とっておきの新作をピックアップ。明日の私を「エナジャイズ」してくれるバッグと一緒に出かけたい。
明日は海に出かけよう
 full d320defb 75b2 4c2a a077 170ab704a370
かごバッグ〈H16×W21×D8〉¥996,000・ビーチボールバッグ〈H14.5×W14.5×D14.5〉¥1,450,000・シェルバッグ〈H17×W19×D9〉¥1,450,000・スイムウェア¥87,000・ジーンズ¥141,000・帽子¥131,100・バングル(イエロー、2 本セットで)¥195,000・(ゴールド)¥233,000/シャネル
春夏トレンドの大きなキーワードのひとつが「海」。思わずビーチに出かけたくなる、新作とともに。

シャネル
トランスペアレントなシェルに、ビーチボール。ショー会場のグラン・パレにビーチをしつらえたシャネルは、プレキシグラス素材のバッグにも海を思わせるモチーフを採用した。モードなピクニックを楽しめそうなラタンのミニバッグは、パテントレザーのCCロゴとチェーンストラップがアクセントに。ストローハットをかぶり新しい季節に飛び込もう。
小さなバッグの柄の世界
 full 8c8e534e 2c44 4e95 babd 50624afe3668
(上)「FLAP XS SCARF」バッグ〈H19×W24×D8〉¥241,000(参考価格)/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)・(下)「モノグラム・サンローラン ケイト」バッグ〈H12.5×W20×D5〉¥210,000/イヴ・サンローラン(サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ)
軽やかな春のお出かけの相棒は、小さなバッグ。プレイフルな色柄を存分に堪能したい。

(上)バレンシアガ斜めに流れるブランドロゴのグラフィックがスポーティなミニバッグ。さらに、プリントスカーフをハンドルに巻きつけ、ふわりとなびかせて。動いたときにこそ鮮烈なインパクトを残す、計算し尽くしたデザイン。
 full da48a2e1 4749 4560 b340 9850dd875d60
(下)サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロカサンドラロゴと繊細なチェーンストラップがクラシックな印象の人気バッグ「ケイト」を、今季は柄でアップデート。切り絵のようなカラフルなグラフィックは80年代にムッシュ イヴ・サンローランが発表したドレスの柄から。
 full 5b6eeaa0 91f4 4c2f 8f5f 526ea9db0d19
一文字で描くバッグの「顔」
 full f8e0254c f9b7 47a8 a39f 77b510caf72f
(上)「Chloé C」バッグ〈H13×W16×D5〉¥156,000・サングラス¥48,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)・(下)「Vリング」バッグ〈H24×W28×D22〉¥357,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ) サングラス¥31,000/グローブスペックス エージェント(アン・バレンタイン)
クラシックな趣のバッグが再び注目されているこの春。フロントにあしらわれたゴールドの金具がポイントに。

(上)クロエ新アイコンバッグ「Chloé C」からミニサイズが登場。クリーンなホワイトのカーフレザーに、優雅なカーブを描くゴールドの「C」モチーフをあしらって。春にぴったりのフレッシュなムード。
 full 0adc1a41 4edf 48cd ae76 46a05640e373
(下)ヴァレンティノ ガラヴァーニ
メゾンの頭文字をアレンジしたメタルモチーフが目を引く「Vリング」バッグ。レッド×ブラックのカラーリングが、モダンな印象をかなえる。内部は3つのコンパートメントに分かれており、収納力も抜群。
 full 873ba260 8638 49dc b2e2 d6fd092bb98d
トライバル・フィーリング
 full 9b1c5fd2 c5f9 4e1f b83f 08d42fb00238
(上)バッグ〈H28×W36×D14〉¥151,000(予定価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)・(下)バッグ〈H18.5×W24.5×D3〉¥246,000/エトロ ジャパン(エトロ)
異国情緒を感じさせる色使いや装飾。思わず旅に出たくなる、特別なバッグ。

(上)ドルチェ&ガッバーナ活気にあふれたシチリアのマーケットの情景が思い浮かぶような、カラフルなかごバッグ。飾られたポンポンやフリンジ、ミラーモチーフがプレイフルなムードを加速する。
 full 02df8025 9015 4a3f 8cf5 f2b837bc578a
(下)エトロリネン地にボタニカルモチーフを細かく描き出したアッパーが特徴的。異国から伝えられた古いテキスタイルのような趣が、スタイリングに「ただものではない」ツイストを加える。
 full 62a66ba3 0583 4c05 a18e e372f9871ba4
2019年の「SF」とは?
 full 6f57a7e6 aa81 4a83 8e89 2b52cf443a9c
バッグ〈H16.5×W17.5×D7.5〉¥487,000(予定価格)・コート(参考商品)/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)
SFコミックの名作、大友克洋の『AKIRA』の舞台設定も2019年。最新モードから読み解く「未来」とは何だろう。

ルイ・ヴィトンメゾンのアイコニックなアイテムである「帽子ケース」から着想を得た「プティット・ボワット・シャポー」。今シーズンはその特徴的なラウンドフォルムに、ハンドペイント風のグラフィックをのせて。コクーンシルエットのマットなホワイトコートにスタイリングすれば、今年流の「フューチャリスティック」が完成する。ショルダーストラップつき。
 full 961276de 73dd 43a8 89c4 142926f4f7d0
ちょっとそこまで、ワンハンドル
 full cd0c92fc 1cba 4455 891c 326fc0fbcd7a
(左上)「バルーンバッグ」〈H37.5×W22×D23〉¥171,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)・(右上)「THE SMALL HAT BOX」バッグ〈H13.5×W13.8×D7〉¥186,000(参考価格)/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)・(左下)「バケットバッグ」〈H30×W22×D15〉¥225,000/ラルフ ローレン・(右下)バッグ〈H16×W15.5×D9〉¥42,000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク)
春の陽気に誘われてのお出かけ。さっとつかんで外出できるワンハンドルバッグが相棒。

(左上)ロエベ
オフホワイトのリネンとレザーを組み合わせたその名も軽やかな「バルーンバッグ」。シーンを選ばないベーシックな色使いにざくざく荷物を入れられるオープントップのデザインは、忙しい毎日を送る女性の強い味方に。
 full 4b0c3fbb 1868 4626 bd41 77d68b4b5d6d
(右上)マーク ジェイコブス
ランウェイでパワー・ロマンスを感じさせるスタイルに携えたのは、クラシックなミニバッグ。ブラックレザーには、ゴールドでショーが行われた日付をあしらって。
 full d0732919 41d9 4f0b a80d a5efc57880a5
(左下)ラルフ ローレンこのブランドならではの特徴的なゴールドのクロージャーがポケットに配され、アクセントに。春の空のようなやさしいブルーも目を引く。ショルダーストラップつき。
 full a3d4dd6e 1429 4818 8a13 0d0d37922cd9
(右下)ケイト・スペード ニューヨーク新クリエイティブ・ディレクター、ニコラ・グラスが手がけた新作。小ぶりのかごバッグには、ビビッドなグリーンのフラップ&ハンドルをセット。クロスボディにもできるショルダーストラップつき。
 full ed2dc2e0 608f 4172 802b cd75c345b867
"BAG" TO BASIC!
 full 12098661 cdf9 49dc 92e3 d497a018055b
「SADDLE」バッグ〈H20×W22.5×D6.5〉¥390,000・ストラップ¥180,000/クリスチャン ディオール(ディオール)
20世紀の終わりに発表され伝説となった「あの」バッグが昨年復活。そこには時を超えて愛される揺るぎない魅力がある。

ディオール
2000年春夏シーズンに当時のアーティスティック・ディレクターのジョン・ガリアーノにより発表されたのが「サドル」バッグ。乗馬用の鞍をモチーフにしたデザインに「D」のイニシャルが目を引くモデルが、昨年マリア・グラツィア・キウリにより新たによみがえった。新作はマットなブラックのカーフスキンに、エスニックな趣を感じさせる別売りのストラップをプラス。
 full b403f0bf 9669 4ce7 8571 55be2c41d82d
Mr.Bagsの春の特別賞とは?
 full 4cef2e49 605d 4e30 8901 e8208fdca34c
(上)「16 サテンカーフスキン スモール」バッグ〈H19×W23×D10.5〉¥465,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)・(下)「D スタイリング バッグ」〈H18.5×W29×D14〉¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
現在のファッション業界に多大な影響力を与えるデジタルインフルエンサー、Mr.Bagsことタオ・リャン氏(@mrbagss)。彼のお眼鏡にかなった今季のバッグとは、果たして!?
バッグに対する造詣の深さとその愛を生かし、商品について軽快に語るSNSから支持が広がった彼の回答は!?「この春夏のベスト5を挙げるなら、セリーヌの『16』、トッズの『D スタイリングバッグ』、ディオールの『SADDLE』、プラダの『Sidonie』、グッチの『Arli』ですね」とタオ・リャン氏。数々のハイブランドとのコラボレーションも話題の彼だからこそのセレクトにSPURも注目したい。

(上)セリーヌ バイ エディ・スリマン
「エディ・スリマンの新しいクリエーションということにも注目しています」。「16(セーズ)」はクラシックなハンドバッグ人気再燃を牽引する存在だ。モデル名は、メゾンの本社とアトリエがある由緒正しい建物の住所から。
 full 18feb1cb 15b9 4633 bb3d 3d58f9e05406
(下)トッズ
「パーフェクトな仕事用バッグ」。故・ダイアナ元妃の頭文字から名付けられた「D スタイリング バッグ」。エレガントなムードの中に、両開きのジッパーの先にあしらわれたストラップが目を引く。
 full 5405ec61 298e 4d0a a8b7 65d6832e5037
ブライトカラー・パラダイス
 full 87d7fe6c 59de 405e 9f01 8a175d036c0c
(左上)「ウィップ」バッグ〈H18×W25×D6〉¥235,000/ジバンシィ表参道店(ジバンシィ)・(右上)「ブリタド」バッグ〈H41×W35〉¥575,000/エルメスジャポン(エルメス)・(左下)バッグ〈H30×W18.5×D16.5〉¥219,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)・(右下)バッグ〈H10×W18×D3.5〉¥130,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)
心躍る季節の訪れとともにやってきたのは、目が覚めるようなまぶしい色。一点投入で華やかなスタイリングをかなえる。

(左上)ジバンシィ
今季のランウェイで登場した新モデル「ウィップ」は、春の気分を高めてくれる、やわらかなコーラルピンクを選びたい。レザーを巻きつけたハンドルは職人の手仕上げ。内部は2つのコンパートメントに分かれていてスリムながらも高い収納力が特徴。
 full c92a3c49 222b 454e bb9f 23252200c957
(右上)エルメスカーフレザーを用いたバックパック「ブリタド」。なめらかな手ざわりが心地いい。スポーティな印象のアイテムを上質な素材とみずみずしいブルーで品よくアップデート。ストラップの金具をつけ替えれば、ショルダーバッグにトランスフォーム。
 full 6fe997c2 72d4 4668 8bb2 4df5fa78dc59
(左下)マックスマーラ
今シーズンのテーマはギリシャ神話に登場する海の女神、アンフィリトテ。架空の深海の生き物をイメージした、丸みを帯びたシルエットが愛らしい。まぶしいイエローは地中海に降り注ぐ太陽の光を表現。がま口は開きやすく、見た目よりも大容量。
 full ac7d6795 86ef 4028 ba18 87dfce53ccd3
(右下)サルヴァトーレ フェラガモ
人気上昇中のウォレットバッグ。ブランドの象徴であるガンチーニがフロントに配され、艶やかなグリーンが印象的だ。用いられた素材は品格漂うスネークレザー。カードスロットとiPhoneも収まる立体的なポケットが配されており、収納力を保証。
 full 61abfaec d14e 43a3 b033 0270b1b1494d
「持たないバッグ」を狙え
 full 94498848 7b64 42ea afd2 f3478ef9eeba
(左)「ユーティリティ ベルト」バッグ(PHONE〈H17.5×W9.5×D1.5〉、SECRETS〈H13×W7×D2〉)¥159,000・ブラウス¥115,000・スカート¥362,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)・(右)「ティービー バム バッグ」〈H12×W17×D6〉¥190,000・ドレス¥60,000(ともに予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー)
コンパクトなだけでは物足りない。そんなモードラバーたちに捧げたい、スペック、デザインともにパワーアップした新作が並ぶ。

(左)フェンディ流行中のミニマルサイズ。今季はそれを究極に進化させた「持たない」バッグが誕生。「PHONE」や「SECRETS」と、用途が記された二つのポケットを携え、必要最低限の持ち物のみ収納可能な無駄のないデザイン。付属のカラビナには鍵やチャームをつけて。ベルト、そしてバッグとしての役割も兼ね備える新しい形を提案する。
 full 2794e653 e342 4159 847a f562518ae069
(右)バーバリークラシカルなボディに「TBロゴ」が配されたウエストバッグがお目見え。メゾンの創始者のイニシャルを組み合わせたロゴはリカルド・ティッシが手がけるコレクションのシンボルだ。カジュアルなアイテムにチェーンを添えて、エレガントに。同色の淡いミントグリーンのワンピースを合わせて、繊細なカラートーンでまとめ上げれば、上品なスタイリングが完成。
 full 0bb09b45 dd69 4497 a9d0 9a1ddba2777e
PRADA Invitesってなんだ?
 full 6c611d0d e61b 4bfb a94b 55dd53aa5f89
バッグ〈H100×W30〉¥263,000・ドレス¥140,000・ソックス¥18,000・靴¥90,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)
世界的に著名なクリエイターを招き、コラボレーションでアイテムを製作する取り組み。個性豊かな作品の数々が揃う。

プラダ
アーティストとのコラボレーションプロジェクト「PRADA Invites」。展開するのはこのメゾンらしい素材、ナイロンを使ったユニークなアイテムの数々。今回参加したのはチニ・ボエリ、エリザベス・ディラー、そしてこのバッグを手がけた妹島和世、3人の建築家だ。緩やかな曲線でかたどられたカラフルなポーチと、ジッパーで仕切られたポケットを融合した有機的なデザイン。好みに合わせて、カスタマイズを楽しめる。プレイフルな気分を日常に取り入れて。
 full cf854075 3a8f 4956 9c2d caadafa22e39
「私、こういう者です」
 full 29dcff3e da64 41e6 afad cce33d6bbf89
(左)「ドロー ストリング バスケット」バッグ〈H25×W21×D21〉¥125,000/オンワードグローバルファッション(ジル・サンダー)・(中央)ステラ ロゴバッグ〈H21×W16.5×D10.5〉¥121,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)・(右)バッグ〈H14.5×W22×D6〉¥124,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)
大胆に主張しつつも、洗練されたムードをまとうロゴバッグ。大人の女性のスタイリングにマッチする精鋭をピックアップ!

(左)ジル・サンダー
ジュート素材のバスケットを囲うように施されたブラックのロゴが印象的。インパクトのある組み合わせをシックにまとめ上げたジル・サンダーらしい逸品だ。内側に装備されているレザーの巾着は取りはずし可能。
 full eb841b84 842b 43cf 887c 74690200caba
(中央)ステラ マッカートニー
人気を博したモデルがリニューアルされ、使い勝手のよい小さいサイズとなって登場。フラップつきポーチが備わり、バッグの中の整理もしやすい。付属のストラップを装着すれば、クロスボディバッグに早変わり。
 full 62f164b1 facb 415d b4c2 9974e7293ae8
(右)ミュウミュウ
ジャカード素材と深いレッドのレザーを組み合わせたショルダーバッグ。ヴィンテージライクな存在感が魅力。全面にあしらわれたグラフィカルな模様とフロントのロゴはクリエイティブ デュオ「M/M(Paris)」がデザインしたもの。
 full a1c4c0a7 127b 49dd b67b a126c6fe4af8
ビッグトートに夢を詰め込んで
 full 60f35a00 c949 4547 aa12 a11b91304f6d
(上)「マキシ カバ」バッグ〈H66×W42×D16〉¥1,000,000・トップス¥255,000・ショートパンツ¥405,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)・(下)バッグ〈H30×W38×D18〉¥143,000・シャツ¥198,000・ピアス¥99,000(参考価格)・リング¥125,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ)
「なんでも」入る、大容量サイズが続々登場。デイリー使いにふさわしい機能性や、心躍るルックスを備えたニューフェイスをチェック。

(上)ボッテガ・ヴェネタ
新たに就任したクリエイティブ・ディレクター、ダニエル・リーが手がけた「マキシ カバ」。メゾンのクラフツマンシップを象徴するイントレチャートをマクロサイズにアップデート。ビビッドなグリーンをブラックで引き締めて、より現代的な装いに。内側にはミニポーチも備わる。
 full 350931d5 cdb7 4e64 84f6 0956521f1181
(下)ジョルジオ アルマーニ
A3サイズの書類やPCもゆうに収まるシンプルなトートバッグはどんなスタイルにもマッチする優等生。手ざわりのよい柔らかなカーフレザーは軽く、日常使いにぴったり。ロゴの下にはミラノにあるメゾン本社のアドレスが。スマートなデザインの中でさりげなく光る。
 full fcb269b8 3142 47d5 a5c5 dd64619c3e3b
春のいちご天国!
 full f2b120d0 518c 4ee9 898c 290216581d23
「グッチ ズゥミ」バッグ〈H26×W33.5×D11.5〉¥388,000/グッチ ジャパン(グッチ)
ときめかずにはいられない! ポジティブなムードをまとう、フルーツが描かれたキュートな相棒とともに出かけよう。

グッチ
ランウェイに登場したアイコンバッグ「ズゥミ」。80年代のスタイルや文化から着想を得た今季。中でもひときわ目を引くのがポップなストロベリーが全面にあしらわれ、オプティミスティックなムードがあふれるハンドルバッグだ。フロントで輝くのはインターロッキングGとホースビット。デザイナーがアーカイブから引用し、アップデートさせたハードウェアに注目。
 full 87f58b5f 6a22 479b a25f eb7f70effb83
SOURCE:SPUR 2019年4月号「いつもそばに、エナジャイズ・バッグ」
photography:Masanori Akao〈whiteSTOUT〉 styling:Saeko Sugai hair & make-up:Keita Iijima〈mod’s hair〉
model:Kadri artwork:Anna Kawahara(小さなバッグの柄の世界、Mr.Bagsの春の特別賞とは?) cooperation:AWABEES,PROPS NOW

あわせて読みたい