Icon loading md
7903882 full 941a023f 199b 4ae1 9e2c 6f3acb53e3c8
ケーキ以外でもたのしめる!季節を問わず差し入れたい変化球モンブランスイーツ
ippin
2019.02.28 10:30
秋になるとこぞって店頭に並ぶケーキ・モンブラン。もちろん秋に食べるモンブランは格別ですが、ファンであれば季節を問わず食べたい!と思いますよね。今回はそんな方に必見な、いまの時期でも食べられるモンブランスイーツをご紹介します。ケーキだけでなくモチーフにしたものも登場しますのでぜひ栗好きスイーツ好きの方はチェックしてみてくださいね。
1: 小ぶりなのに満足感あり!焼き菓子専門店『AKKI'S』の「焼モンブラン」
 full 9b59ce36 0e58 49d1 b163 84bcc3e05075
 full 0552effb f8a9 4507 b2f4 3891ee219160
最初にご紹介するのは埼玉県鶴ヶ島にある焼き菓子専門店『AKKI'S』の「焼モンブラン」です。土台のタルト生地は刻んだマロンを加えアーモンドクリームを絞って焼成し、その上にしっとりとしたマロングラッセを贅沢に乗せて、マロンペーストを丁寧にひとつずつ手作業で絞っているのだそう。小ぶりなのにひと口食べると濃厚なマロンと程よいラム酒の風味を感じ、すべてのパーツがおいしくて感動させられますよ。
紹介記事
商品開発の知識が生んだ、唯一無二の「焼モンブラン」(富樫あかり)
2: まるで日の丸弁当?イメージを覆す『夢の里やながわ』の「和のモンブラン」
 full baa08955 14d2 4c1f 96f0 63b9fea771f9
 full c1564529 2f30 41be a478 ba6beb71768d
モンブランのイメージを覆す“日の丸弁当”のような和テイストさが斬新な『夢の里やながわ』の「和のモンブラン」。なんといっても主役は丹波栗。丹波栗のペーストと渋皮煮の風味を存分にたのしめるようにと特製カスタードクリームの甘さは控えめ。地元丹波の牛乳と卵で作ったスポンジもできる限り軽い食感になるよう仕上げられています。見た目のインパクトからもこれは差し入れにして驚かせたいですね。
紹介記事
モンブランのイメージを覆す“日の丸弁当”のような「和のモンブラン」(依田早苗)
3: 食べるときはひと口で!栗の風味豊かな『松栄堂』の「モンブラン団子」
 full 0a5d3642 8416 4c4f 9a76 7dd684b7e297
 full 20ca0e69 1b48 4462 abe3 3123a27e15ee
「ごま摺り団子」で有名な岩手県にある『松栄堂』から新たに誕生した新銘菓、その名も「モンブラン団子」。しっとり濃厚なマロンクリームをもちもち食感のおだんごで包み、お店の人のこだわりはひと口で食べることだそうで、その通りに食べてみると栗の風味が口の中にじゅわっと広がります。和菓子と洋菓子のハーモニーが両方たのしめるのが嬉しい一品です。
紹介記事
“一口で食べてください”とお店の人に言われる『松栄堂』の「モンブラン団子」(柳沼愛子)
4:程よい甘さと栗のほろっとした食感が抜群!『日の出楼』の「モンブラン大福」
 full 18d35a2a 824e 4b2d 8f59 fb1b506a54db
続いてはまろやかな栗ペーストとやわらかな大福が贅沢に融合した、嘉永5年創業『日の出楼』の「モンブラン大福」。表面には国産の栗を原料に使った栗ペーストがたっぷりと絞られ、程よい甘さと栗のほろっとした食感がニクイほどのおいしさに。中にはほんのりと洋酒が香る白あんと生クリームが入っており、もっちりとした柔らかさととろけるクリームがたまりませんよ。
紹介記事
和菓子と洋菓子、両方の魅力が味わえる日の出楼のモンブラン大福(両角舞)
5: モンブランが和菓子に?どら焼き専門店『丹坊』が編み出した「白山」
 full 5297372b dc27 4d4d 9ef6 cb53c82a1140
 full d8fe22b0 7e68 4146 a68c 656d0554089c
創業60年の老舗和菓子店が手がけるどら焼き専門店『丹坊』。女性社長が手がけるどら焼きはまるでケーキのよう!と注目を集めています。職人が練り上げた餡と、素材にこだわって焼き上げた本格派のどら焼きで、イチオシはこちらの「白山」。白餡とホイップクリームの上に和栗を使ったクリームを白い山のようにたっぷり絞って生地でサンドしてあります。ひと口頬ばればもちもちふわふわの弾力のなかから香り高い栗の風味が広がります。

ブランド名:どら焼き専門店 丹坊
商品名:どら焼き専門店 丹坊 おすすめ10個セット(お取り寄せ可)
紹介記事
秋のおすすめ!まるでモンブランのような栗のどら焼き(柳沼愛子)
6: 栗のかたちも愛らしい!京都『マールブランシュ』の「マロン・ド・マール」
 full 9503b52f c4c5 4d47 b084 fda06c18cfd7
 full 1bacbf15 ac17 4110 96fd 6251ae661248
1982年創業、京都クオリティをコンセプトにした洋菓子屋『マールブランシュ』。日本の魅力的な四季折々の風情を織り交ぜながら、京都に根付いた匠の技と厳選された素材を使ったお菓子を展開しています。おすすめは生ケーキのようなやさしい口どけと香りの高さを目指した秋冬限定の焼きモンブラン「マロン・ド・マール」。フランス産マロンペーストとラム酒をふんだんに使ってほっくりなめらかに焼き上げました。愛らしい栗のかたちも差し入れにはもってこいですね。(季節限定品なので詳細はHPをご確認ください)
紹介記事
日本人の五感に響く。秋冬だけの焼きモンブラン「マロン・ド・マール」(佐藤ひと美)
7:ほくほくとクリーミーのバランスが逸脱!『一心堂』の「モンブラン大福」
 full 3e21d518 0eaa 45fe a136 e0fe262cda8a
小豆餡だけじゃなく果物ごとに組み合わせる餡を変えた『一心堂』の「フルーツ大福」。定番のいちご大福をはじめ旬の果物を使った大福がずらりと並びます。おすすめはこちらの「モンブラン大福」。厳選した国産栗から練り上げた栗きんとんと仕上げに生クリームをブレンドしたクリーミーな味わい。中には風味豊かで柔らかな渋皮栗を丸ごと一粒包んであり、これまでの大福の概念を覆すほどのおいしさです。
紹介記事
栗きんとんやクリームチーズなど果物ごとに餡が違う!大阪・一心堂の「フルーツ大福」(越乃リュウ)
ippin編集部

あわせて読みたい