婚活アプリの「ニセ独身プロフ」は罪に問われるか?弁護士の見解
現代ビジネス
2019.02.28 05:57
マッチングアプリにおけるウソのプロフールは、どこからが犯罪なのか。また、騙された側は慰謝料を請求することは可能なのか。弁護士の野島梨恵氏に、そのボーダーラインについて教えてもらった。…

あわせて読みたい

弁護士婚活事情:女性弁護士は、就職時点で彼氏なしなら一生独身を覚悟する
東京カレンダー
実際ステキな出会いはあるの? マッチングアプリを使っている男性の本音
VOCE
ゴーン被告を特別背任の疑いで再逮捕、東京地検特捜部
AFPBB News オススメ
だまされた!マッチングアプリで経験したトラブルランキング
CanCam.jp
「夫がショーンKばりの学歴詐称をしてた!」離婚して慰謝料は取れる?
女子SPA!
神奈川県警の「犯罪防止キャンペーン」協力のオープンハウス、特殊詐欺容疑で社員2人が逮捕されていた
HARBOR BUSINESS Online
婚活アプリのイケメンは“なりすまし”だった!年収や顔のウソを見破る方法
女子SPA!
実は「運命の人とは既に出会っている」の可能性
東洋経済オンライン
騙されて叔父の子供を産んだ25歳女性の苦悩
東洋経済オンライン
『ペアーズ』の”いいね数”日本一の男に聞く、マッチングアプリ最前線
GOETHE
「福士蒼汰風プロフ写真だったのに!」出会いアプリ“ペアーズ”って実際どう?
女子SPA!
相手も大人だった。ネット婚活のプロフィール問題
cafeglobe
【恋したい】でも出会いがない! 理想の異性と出会う方法まとめ
Oggi.jp
婚活がうまくいかない理由を改めて考える。合コン100回・婚活パーティー200回のプロが分析
Oggi.jp