分量の狂いは失敗のもと――豊田譲治(ホテル・グランドパレス調理課長)
クロワッサンオンライン
2019.02.25 07:45
1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、フレンチの達人のアドバイス集から、食材を扱う姿勢を学びましょう。 文・澁川祐子 1978年2月号「西洋料理コツのコツ」より 分量の狂いは失敗のもと――豊田譲治(ホテル・グランドパレス調理課長) 前回から引き続き、フレンチの達人が指南する西洋料理の基本講座。後半には…

あわせて読みたい

口あたりとか、手触りとかを楽しむのが食器なんですからね――石川あき(「niagn」店主)
クロワッサンオンライン
感動し得る心を持った人のほうがどれほど幸福か分らない――宇野功芳(音楽評論家)
クロワッサンオンライン
毎日使うものこそ、丁寧に作られたものを探したいよね――水野正夫(ファッションデザイナー)
クロワッサンオンライン
お茶は安いものでも出し方一つで、高級なお茶にまさるとも劣らぬお味が出ます――西川勢津子(家事評論家)
クロワッサンオンライン
いつでも同じ味に作れる料理を二つか三つ持ちなさい――豊田譲治(ホテル・グランドパレス調理課長)
クロワッサンオンライン
難しくてやさしいのが卵料理なんだ――豊田譲治(ホテル・グランドパレス調理課長)
クロワッサンオンライン
レシピーどおり作りゃそれでいいってもんでもないだろ――小野正吉(ホテルオークラ調理部長)
クロワッサンオンライン
マジックなんです、料理ってのは――豊嶋森太郎(竹亭店主)
クロワッサンオンライン
最初から最後まで、油の扱い方がきめ手です――陳建民(四川飯店主人)
クロワッサンオンライン
時々、死んだ人々が昨日まで生きていたように懐かしくなる――F・トリュフォー(映画監督)
クロワッサンオンライン
目的のない時間をたっぷり持っている人は、当然早く老けますね――樋口恵子(婦人問題評論家)
クロワッサンオンライン
子供にとって必要なことは苦痛を恐れ、やらないということではなく「ある行動」の結果の意味を考えて、やらないようになることです。 ―堀江重信(みなみ子供診療所々長)
クロワッサンオンライン
子どもがコケたら、自分もコケるような生活は、まっぴら――R・Nさん(パートタイマー)
クロワッサンオンライン
女性の生きる道は、紆余曲折の連続――E・Iさん(インテリア・アシスタントデザイナー)
クロワッサンオンライン