Empty
7853720 full 233f724e 99fd 4236 9cb6 ea840fd77582
「酒造りの神様」の銘酒を味わえる!日本酒好きなら絶対に訪れるべき農口尚彦研究所
Precious.jp
2019.02.20 17:00
「吟醸酒」を世に広め、「酒造りの神様」という異名をもつ農口尚彦さんが、最後の仕事として若者にその技術を伝承すべく、酒造りの現場に復帰しました。農口尚彦研究所という自らの名を冠した酒蔵の建設場所に選んだのは、石川県の小松市。こちらでは2階の見学コースからガラス越しで酒造りの様子を、併設されたテイスティングルーム「杜庵(とうあん)」では、季節に合わせた地元の酒肴や和菓子とのペアリング、酒器の形状・素材…

あわせて読みたい

Empty
錦山窯の新しい挑戦。
madame FIGARO.jp
Empty
日本酒の神様が造る酒は、酒蔵内のテイスティングルームで味わうのが究極だ
GQ JAPAN
Empty
“酒づくりの神様”、杜氏の農口尚彦さんが再始動! 待望の新酒を続々リリースします。
Pen Online
Empty
“酒づくりの神様”の異名を持つ日本最高峰の醸造家、農口尚彦の集大成となる酒造り。自身の名を冠した限定商品を発売
FASHION HEADLINE
Empty
一度は体験したい! “日本酒造りの神様”のテイスティングルーム『杜庵』の酒と文化のペアリング
dressing
Empty
お酒の飲めない「酒づくりの神様」はなぜ日本酒ブームを作れたのか? 85歳で現役復帰した杜氏の生き様
Rettyグルメニュース
Empty
「マジか…」日本酒ファンが絶句する大ニュース! あの「酒づくりの神」がクラウドファンディングで電撃復帰
GetNavi web
Empty
モノづくりに触れる金沢の旅②
GINGERweb
Empty
85歳で現役復帰の杜氏に、日本一新しい酒蔵まで!いま知っておきたい日本酒の酒蔵3選
Rettyグルメニュース
Empty
美酒と美食、九谷焼の新スポットが続々! 石のまち・石川県小松で新しい魅力体験トリップ
OZmall
Empty
石川県から届く、酒米「五百万石」を全量使用した『農口尚彦研究所』の日本酒
ippin
Empty
日本酒×フレンチは、“モテる”の新方程式と言えましょう!
LEON.JP
Empty
【冬は日本酒】各都道府県のオススメを選出。「北陸・東海エリア」生まれの名酒をガイド
GetNavi web
Empty
Makuake幹部「蔵元の足りない部分はすべて提供」クラウドファンディングに「日本酒の可能性」を見た!
GetNavi web