“全てが完ぺき”と絶賛のひと皿とは?世界一のメニューが「ロブション」に限定登場!
東京カレンダー
2019.02.19 05:00
フランスの料理コンクールの1つである、「〈ル・テタンジェ〉国際料理賞コンクール」。実に52年の歴史を持ち、39歳以下の若手シェフの登竜門ともいわれる由緒正しい大会だ。

昨年11月の同コンクールで優勝を果たしたのは、『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』のシェフ・関谷健一朗氏。日本人としては34年ぶりの快挙ということからも、凄さの一端が伝わるだろうか。

『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』…

あわせて読みたい

ル・テタンジェ国際料理賞コンクールで日本人が34年ぶりに優勝!
PARIS mag
ボリウッドダンスってどんなダンス!? 日本初のボリウッドダンサー 関本恵子さんが解説!
UR LIFESTYLE COLLEGE
フランス料理をサポートし続ける、テタンジェの願いとは?
madame FIGARO.jp
カウンターでカジュアルに楽しむ本格フランス料理『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』
PARIS mag
「フレンチの神様」ジョエル・ロブションから特別ディナーコースが登場
Walkerplus
世界一の座は誰に!?フランス料理コンクール「ル・テタンジェ国際料理賞」へ
PARIS mag
「ミシュランガイド東京2019」にて「ガストロノミー “ジョエル・ロブション”」12年連続で三つ星を獲得!
IGNITE[トレンド]
豪華絢爛な晩餐会の裏側は!?フランス外務省の厨房を見学させてもらいました!
PARIS mag
ロイヤルパインズホテル浦和 総料理長 竹下公平監修おせち料理
PR TIMES
浦和ロイヤルパインズホテル「レストランRPR」で美味しいクリスマス
VERY
16年ぶりに解禁されたフランス産仔羊が絶品♡ 極上フレンチ〈ラ・プロヴァンス〉料理長に数多くの受賞歴を持つ吉本憲司氏が就任!
Hanako.tokyo
世界で5本の指に入るシャンパーニュ・メゾンとっておきの「ブリュット レゼルヴ」
ippin
【追悼:ジョエル・ロブション】日本を愛した“フレンチの神様”。
Casa BRUTUS
【びわ湖大津プリンスホテル】日本最大規模の「のぼり窯」で焼き上げた宗陶苑「信楽焼」と国際料理コンクール世界2位入賞シェフ 坂田 知昭考案のフランス料理で滋賀のフードツーリズムを推進
PR TIMES