Icon loading md
7830694 full a55301d4 f89c 48c6 bd96 5ecb2e67eddd
マルタン・マルジェラの謎に迫る傑作ドキュメンタリー『We Margiela マルジェラと私たち』が公開
SPUR.JP
2019.02.16 19:00
突然姿を消した伝説のデザイナー、マルタン・マルジェラの素顔と、ブランド設立から彼が去るまでの「メゾン マルタン マルジェラ」の日々を、彼を支えた人々の証言などで明らかにする傑作ドキュメンタリー『We Margiela マルジェラと私たち』の日本公開がBunkamuraル・シネマなどで始まった。
 full deb6602e ca4d 4ddc ae95 19afe670486c
©2017 mint film office / AVROTROS
挑発的でコンセプチュアルな作品で一世を風靡、熱狂的なファンを獲得する一方で、初期には激しい批判にも晒された孤高のデザイナー、マルタン・マルジェラ。公に撮影された写真はなく、インタビューは書面にて、しかも主語は「I=私」ではなく「We=私たち」と答えるほど匿名性を貫いた彼と、彼とともにブランドを立ち上げ、一時代を築き上げたジェニー・メイレンス、そしてブランドを支えたクリエイティブチームの「私たち」の物語を、数多くの証言と残されたフィルムなどを通じて浮き彫りにしたのがこの作品だ。監督はオランダ出身の女性ドキュメンタリー作家、メンナ・ラウラ・メイール。彼女はデザイナーとしてのマルジェラに興味を持ったのではなく、突然消息を絶った人をテーマにして作品を撮りたいと考える中で彼のことを知り、「これほどまでに有名でありながら、その人物自体については知られていないというのはどういう意味を持つのか」ということを出発点にこのドキュメンタリーに取り組んだのだそうだ。
 full fa2919b9 f2dd 42ce a9cd 03aad51c8862
©2017 mint film office / AVROTROS
作品の軸となっているのは、メゾンが売却される2002年に58歳で引退したメイレンスの証言。2017年にこの作品の完成を見る前に亡くなった彼女は、映像ではなく、声だけの出演。彼女の証言のシーンにはメゾンにとって大きな意味を持つ色、白の背景だけが使われている。また、1989年の創立初期から2002年までコマーシャル・ディレクターを務めたアクセル・ケラー、1993年から2008年までコミュニケーション・ディレクターを務めたパトリック・スキャロン、メイレンスの娘でコマーシャル・マネージャーを務めていたソフィー・ペイ、1989年から2010年までセールス・マネージャーを務めたヴィッキー・ロディティスといった「私たち」や、外部の協力者たちによる証言も興味深い。このメゾンの特異な立ち位置や、初期のメゾンに満ちていたエネルギー、そして会社が大きくなるにつれて生まれていった問題など、初めて明かされる事実に、観る者は驚かされることになる。

スタッフが着る揃いの白衣や、何も書かれていない白いタグと白い糸のステッチ、それに今なおブランドを象徴する「タビ」ブーツにまつわる秘話などには、マルジェラ好きなら興奮必至。ブランドの歴史やファッション界に衝撃を与えたコレクションについて知らなくとも、圧倒的な才能を頂点にした共同体が規模が大きくなるにつれてジレンマを抱え、元の状態を維持できなくなっていくまでを赤裸々に描いた誠実な物語には、きっと心打たれるはずだ。映画は今後全国で順次公開。詳細は公式サイトでチェックして。
映画『We Margiela マルジェラと私たち』
公開日:2019年2月8日(金)Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
監督:メンナ・ラウラ・メイール 
出演:ジェニー・メイレンス(声のみ出演)、ディアナ・フェレッティ・ヴェローニ(ミス・ディアナ)ほか 
原題:We Margiela
©2017 mint film office / AVROTROS
https://wemargiela.espace-sarou.com/


Text : Shiyo Yamashita

関連コンテンツ