休日には戦略的な「寝だめ」を! 脳の疲労をリセットする3つのテクニック
Tarzan
2019.02.11 12:05
いちばん疲れるのは自律神経

呼吸、消化吸収、血液循環などを調節し、人体を活動的に整える交感神経と休息へ向かわせる副交感神経からなる自律神経こそが疲れやすい。ストレス状況下で暮らす現代人は、とくに交感神経が過剰に働き、脳疲労を招く。
たとえば眼精疲労は目の疲れではなく自律神経の疲れ。目は交感神経優位…

あわせて読みたい

ランナーが新幹線移動で座るべき席は真ん中!睡眠指導のヒラノマリが解説
RuntripMagazine
その行動、自律神経に負担大! 生活にありがちな12のダメ習慣
Tarzan
【疲労回復】寝ても取れない、しつこい疲れ。専門家が指摘、「もしかして脳疲労が原因」!?
Women's Health
すべての疲労は脳が原因!?スマホの見過ぎによる「脳疲労」とは?
Precious.jp
アラフォー世代の「寝てもとれない疲労」を解消する方法って?疲れないためのメソッドを大公開
Marisol
睡眠負債から夏バテまで。こんなことまでやってたの? 自律神経の正体
Tarzan
寝ても取れない疲れ…。実はすべての疲労は脳が原因だった!【キレイになる活】
Marisol
今こそ、疲れをとるチャンス?! 「コロナ疲れ」を感じる人が、知っておきたい3つの秘訣
FYTTEweb
寝る90分前の儀式や入浴法は?朝までぐっすり眠る体になる
ESSEonline
「3時間睡眠でも毎日元気な人」の超簡単な習慣とは?
LEON.JP
質のよい睡眠で疲れを取り、お疲れ女子から脱出!
FYTTEweb
ひどい疲れの原因は「自律神経の乱れ」にあり!疲れにくい体をつくる6つのルール
FYTTEweb
軽減したい、日常のストレス。でもその解消法、合っていますか?
クロワッサンオンライン
働く女子がやりがちな、間違いだらけの疲労回復法
VOCE